妊娠中やっていい運動とやってはいけない運動とは!効果は・・

妊娠中の運動した体験談

PR

妊娠中に運動した体験談

一日二時間以上は歩く 難産回避のために

一日二時間以上は歩く 難産回避のために

食べつわりが酷く食べていないと気分が悪くなるので食べ続けていたら体重がどんどん増えてしまいました。太り過ぎると出産が大変になると先生から言われていました。

太りすぎ防止の為と、運動を定期的にしていると出産が楽になると言われたのでウォーキングをすることに決めました。食べる量を減らせないので、とにかく毎日歩きました。一日二時間以上は歩くと決めてほとんど休まず歩きました。

言われた通り、陣痛が始まってから子宮口が開くまでに時間がかかることなく、初めての出産でしたが先生が驚くほど安産だったのです。間違いなくウォーキングのおかげだと思っています。 MYさん 28歳 20週~出産

はじめてのヨガでした! マタニティヨガで安産に

はじめてのヨガでした! マタニティヨガで安産に

妊娠中は無理をしない程度に体を動かすようにしていたのですが、安定期に入ると体がどんどん重くなり、運動不足にもなってきました。

そこで運動不足を解消するためにヨガ教室主催のマタニティヨガに週2回通うようになりました。生徒さんは皆妊婦さんだったのでとても入りやすかったです。

私は妊娠してから初めてヨガを体験したのですが、ヨガ歴10年以上の上級の方もおられて、大きなお腹でもアクロバティックなことをしていて驚きました。ヨガ教室ではゆっくり深呼吸しながらいろいろなポーズを行いました。

また妊娠中はどうしても重たいお腹のせいで前かがみになり姿勢が悪くなるのですが、その矯正的なことを紐などの道具を使って行いました。ヨガは12週間ほど続けました。その後の出産もスムーズでしたし、通ってよかったと思います。 AKさん 34歳 16週~

体重管理のためウォーキング 張り切りすぎて自宅安静に

体重管理のためウォーキング 張り切りすぎて自宅安静に

安定期に入ったときにすでに体重がプラス3キロとかなり先走りすぎて、健診時に軽く注意されてしまいました。つわりも治まり安定期に入った時期だったので、徹底的に体重管理をしようと、食事に運動に気をつけました。

運動はとにかく歩くこと。当時パートの仕事をしていて駅まで自転車でしたが、歩くと15分なので往復歩くことにし、買い物もわざわざ遠くのスーパーに行き、1日で5キロくらいは歩いていました。

その甲斐ありそれから2ヵ月以上ほとんど増減なしで維持して、なかなかうまく体重管理できていると思っていました。

しかし22週の健診のときに、赤ちゃんの頭がかなり下がってきていると、先生が少し慌てた感じで、自宅安静になってしまいました。もはや運動どころではなく、その後臨月に入るまで安静を余儀なくされました。

体重管理も大事ですが、妊娠してはじめてそれまでしたことがないような運動をするのはよくないと実感しました。Nさん 31歳 安定期

生活そのものがハード 筋力アップに軽めのスクワット

生活そのものがハード 筋力アップに軽めのスクワット

二人目の妊娠ということもあって、体型がかなり変わってしまいました。そして、妊娠中はあまり動けなくなってしまうため、筋力アップのためにスクワットを行っていました。

とはいっても、ハードに「筋トレ」というわけではなく、入浴前にスクワット10回程度…というペースでした。

上の子もいるため、生活そのものがハードになっているのですが、やはり妊娠中ということもあって、立ちくらみや疲れやすいというトラブルがあるため、家の中で少しでも筋力アップしようと思っていました。

妊娠中は、禁忌事項が多いですが、医師の指示に従ってストレス発散程度に楽しんでいました。AMさん 25歳 22週~

妊娠する前よりもたくさん体を動かしました

妊娠する前よりもたくさん体を動かしました

妊娠中はとにかく体を動かしました。安定期から始めたヨガに合わせ1日30分以上は歩きました。仕事もしていたので重いものを持ったりもしていましたが、運動というとやはり歩く事を頑張りました。

特に私は予定日が近くなった頃には1日2時間近く歩いていました。とにかく歩いたら安産だという事を信じていました。おうちでのヨガも毎日かかさずやりました。

ヨガの呼吸法は陣痛の時に痛みを逃すのにすごく良かったと思います。またたくさん歩いたおかげなのかは分かりませが、超安産でした。

今から思うと、妊娠中は妊娠前や今よりもずっとたくさん動いていました。結果安産で良かったす。HIさん 39歳 20週~出産

マタニティティラピスでストレス解消&体重管理

マタニティティラピスでストレス解消&体重管理

妊娠初期はつわりがひどく仕事もしていたことからなかなか動けずにいたのですが安定期にはいり、運動不足からか体のだるさを感じたため、友人に相談したところ、マタニティティラピスを勧められました。

先生の説明では出産時の呼吸法としても使えるし体力もつき安産や産後の回復力にもつながるとおっしゃっていました。実際、体力がつきストレス解消や体重管理にもつながったので本当に良かったです。

ヨガやティラピスなどの教室は回数券式を取り入れてるスタジオが多いので体調の変動が大きい妊婦さんでも通いやすいと思います。また個人レッスンとグループレッスンとあるので自分の性格や妊娠中の気分などによって選ぶこともできます。

私は初めての妊娠でいろいろ悩んでいたのでグループレッスンでほかの妊婦さんと話したりしてリフレッシュしていました。MNさん 28歳 22週~

切迫流産やつわりで体力低下 ウォーキングで安産

切迫流産やつわりで体力低下 ウォーキングで安産

妊娠してすぐの4週頃から切迫流産や酷いつわりがあって、ほとんど自宅で寝て過ごしていました。仕事も妊娠中に辞めてしまったので体を動かす機会が無くてどんどん体力が落ちていくのを感じていました。

これではいけない!と思い、体調が落ち着いてきた30週頃からようやく運動を始めることにしました。とはいっても、もともと運動嫌いで更に重いお腹を抱えているのでできることも限られています。

とりあえずウォーキングがいいんじゃないかと思い、家から歩いて30分の図書館まで歩くことを目指しました。往復一時間の道のりは妊娠中にはなかなかきつく、最初は休みながらでないと辿り着けない程でした。

しかし毎日続けていると次第に息もあがらず歩けるようになり、妊娠前の体力に戻っていくのを感じました。これを出産直前の38週まで続けました。

そのおかげか初産にしては安産で産後の体力の回復も早かったので、地道にウォーキングを続けていて良かったと思います。HAさん 27歳 30週~

マイナートラブル回避!マタニティ ベリーダンス

マイナートラブル回避!マタニティ ベリーダンス

妊娠をきっかけに安定期に入ってから仕事を辞めました。あまり動かなくなると思い、それを解消するために運動を始めようと思いました。

定番はマタニティーヨガでしたが、妊娠前にヨガをやった際にあまり運動にならないんじゃないかという印象があったので、別のものをしようと思いました。また、ちょうど冬で寒く雪も積もっていたので散歩も控えるようにしてました。

家で出来るDVDを探して見つけたのがマタニティーベリーダンスです。動きはゆっくりなんですが、日ごろ意識して動かさない首回り、足首、肩甲骨などを動かすと気持ち良かったです。

主な動きとしては腰回りが中心です。妊娠中はどうしても尿漏れをしやすくなるため、それを防ぐための動きなどもありこのおかげでマイナートラブルが起きにくくなったと思います。

ゆっくりの動作とはいえじっくりと動かしていくので少し汗ばむような運動で効果があったのかなと思います。妊娠後半になってからは腰が痛かったり、お腹が張りやすく行ってませんが安定期に少しでも運動出来てよかったです。Kさん 28歳  24週~

股関節ストレッチとお散歩は欠かさずに

股関節ストレッチとお散歩は欠かさずに

足の股関節の運動をよくしました。病院でも足の股関節が硬いと出産の時に足や股関節が攣ってしまって、踏ん張れない人がけっこういると聞いていてので。

毎日のお風呂上りに股関節のストレッチは欠かさずしました。あとは、あまり大事にし過ぎても赤ちゃんがお腹に留まってしまって、なかなか産まれにくくなるとも聞いていたので、積極的にお散歩に出掛けました。

こちらも股間節をよく動かすように少し自分なりに意識して歩きました。ただあまり調子に乗って歩き過ぎると、お腹が張ってきてしまったり足の付け根の部分が攣ってきたりするので、あまり頑張りすぎるのは禁物です。MIさん 24歳 28週~

臨月 毎日の買い物・床掃除を積極的

臨月 毎日の買い物・床掃除を積極的

妊娠中も、妊娠前と変わらず動くようにしていました。難産になるのが本当に怖かったので、いろいろ調べたところ、なるべく体を動かした方がよいとのことだったからです。

産休に入ってからも以前と同じように毎日スーパーに歩いて買い出しに行き、重い物も普通に持って歩きました。(安売りのキャベツをまるまる1個リュックに入れて背負って帰ったりもしました)

また、床の掃除を這いつくばった格好でやるのが陣痛の開始を促すとのことで、臨月に入ってからは毎日キッチンとダイニングの床の雑巾がけをしていました。

それらが良かったようで、出産予定日前から順調に子宮口が開いていき、直前には4センチくらいで、初産でしたが陣痛の開始から2時間半で産まれるという超安産でした。妊娠の経過に全く異常がないのであれば、普通に動くことが良い運動になって効果があるようです。NNさん 33歳 36週~

マタニティスイミングと散歩で先生に褒められた

マタニティスイミングと散歩で先生に褒められた

担当の主治医から、体重増加の指摘を受け、すべては安産のためにと思い、体重増加を制限しようと決め、妊娠25週目になったころから、マタニティスイミングに通い始めました。

ただひらすら、25メートルのプールを歩くだけなのですが、これがかなり体力を使い、よい運動になりました。私は、週に1度1時間、スイミングに通い、歩いていました。

もちろん体調を優先し、少しでもお腹が張ると感じたりした日は、自宅でゆっくり休んでいました。スイミングに通わない日は、自宅周辺を愛犬と散歩がてら、1時間弱歩くようにしていました。

運動を始めてから、主治医から体重維持を頑張ってるねと、言ってもらえるようになりました。CCさん 26歳 25週~

楽なものでは陣痛がこない やりすぎ?踏み台昇降で陣痛が

楽なものでは陣痛がこない やりすぎ?踏み台昇降

初産は遅れると、友達や兄弟から散々言われ続けていました。生産期に入り、赤ちゃんも降りてきてないし、NSTでも生まれる予兆がないですね。と検診の度に言われていました。

出産が遅くなると、赤ちゃんも大きくなるし産むのがしんどい、と聞いていたので、どうにか予定日までには産みたいと思い色々試しました。焼肉、オロナミンCなど。楽なものばかりしましたが、何も変わらず。

運動しかないと、気合をいれ、階段の踏み台昇降400回。やりました、やり始めると止まらなかったので、やりきりました。

次の日、来ました。陣痛が。病院に駆け込んで、看護師さんに階段の踏み台昇降400回したから、陣痛来たんですかね?聞いてみると、オリンピック選手でもそんなんしませんよ!と少し怒られ口調で言われましたが、スポーンと生まれました。

結果オーライ。楽に生まれました。ある程度の運動は大切と実感しました。MRさん  32歳 37週~

PR