【妊娠22週】胎児と母体の症状で知っておきたいこと

妊娠22週

妊娠22週目になると、胎動がしっかりと感じるようになり、大きく膨らんだお腹によって行動が制限されるようになります。今まではカンタンにできたような動作も、この頃から困難に感じられるようになるので、立ち仕事が多い方などは注意が必要です。

また、この頃になるとへその緒が太くなり、体調にも新たな変化が現れるようになってくるので、22週目の症状に注意しつつ過ごしましょう。

PR

妊娠22週の胎児の成長、お腹の様子

妊娠22週の胎児の成長、お腹の様子

大きさが400g~500g程度に

妊娠22週 胎児 胎盤 羊水 の様子

22週目を過ぎるとへその緒が太くなり、赤ちゃんによりスムーズに栄養が運ばれるようになります。体重も400g~500g程度になり、ますますしっかりとした存在感を示すようになってきます。

妊娠22週にはハッキリとした胎動を感じられるようになり、喜ぶ妊婦さんもいます。妊娠中期に入る頃には、すべての妊婦さんが胎動を感じられるようになりますし、落ち着いて日々を過ごせるようになっているのです。

脳細胞がほぼ完成に

妊娠22週エコー 超音波 写真

段々と、脳神経が発達し終わるようになり、脳の状態が落ち着くようになります。最初は何も感じることができず、覚えることもできなかった赤ちゃんも、外からの衝撃をダイレクトに感じるようになっていますし、海馬の発達によって物事を記憶するようになっているので、赤ちゃんがストレスに感じるようなことは極力避けるべきだと言えるでしょう。

また、脳細胞が完成したからといって、他の部位も完成しているかというとそうではなく、肺などはまだまだ未完成の状態にあるので、依然として無理な運動などはしないように注意しましょう。

赤ちゃんの表情が出るように

妊娠22週 胎児 の様子

今まではまぶたがきちんと上下に分かれておらず、まばたきをすることが不可能だったのですが、22週目ごろになるとまぶたが上下に分かれるようになります。

この変化によって、赤ちゃんはまばたきが可能となりますし、より一層人間らしい動きを見せてくれるようになります。この頃の赤ちゃんは、いねむりをしたり動き回ったり、まばたきをしたりと、より一層細かな表情を見せるようになっているので、超音波検査などでチェックしてみましょう。

胎動が感じられなくなった場合

胎動が感じられなくなった場合

胎動が感じられて嬉しい毎日が続いていますが、さっきまであんなに暴れていたのに今はまったく動きを感じない、なんて事に気づくお母さんもいるでしょう。お母さんの中には「22週目に入ってから急に、胎動が感じられなくなった」という方もいます。今までは感じられていた胎動が急になくなってしまうと、「死んでしまったのではないか」と不安に思うかもしれません。

動きのなさに不安を感じる方も多いですが、その理由は胎児の睡眠サイクルが挙げられ、短時間で寝る・起きるを繰り返すので、胎動も強弱が出てきます。またお母さんが活発に動いている最中に寝て、お母さんが寝ている時に活発に動いているようなことも少なくないので、そこまで不安に思う必要はありません。またお母さんが忙しければ、胎動があっても気がつかない場合があります。

ただし、強くなったり弱くなったりのリズムではなく、段々弱くなってきている・今までの強さが感じられない時は、すぐに病院を受診しましょう。

胎動がパパも感じられるかも

胎動がより大きくなりパパも感じられるかも

22週目の赤ちゃんは、各内臓が完成に近づいており、骨格などもかなりしっかりとした具合になってきます。

身体が大きくなることによって胎動もより大きくなり、周囲の人でも手を当てればそれを感じられるようになるので、ぜひともお父さんなどに触ってもらいましょう。「父親としての実感がなかなか湧かない」という方も、胎動を感じると親としての自覚が深まるようになります。

胎教の仕方で情緒面に良い影響も

胎教の仕方で情緒面に良い影響も

胎教というとクラシックや英語を聞かせたりと勉強方面のイメージがありますが、胎児の記憶のほとんどは2・3歳で消えてしまうそうです。それよりもお母さん・お父さん・周りの人が胎児によく話しかける方が、夜泣きが少ない・穏やかな性格など、情緒面に良い影響を与えると言います。

話しかけるのは恥ずかしければ、外に出掛けて陽の光を一緒に浴びたりお父さんと3人で散歩して楽しい気持ちを分け合えば、赤ちゃんもきっとお腹の中で喜んでいますよ。

妊娠22週 性別、性器について

妊娠22週 胎児 下半身の様子

妊娠22週ごろには性別がはっきりとわかっています。遅い妊婦さんでも次回の検診でわかるようになります。

女の子は子宮が完成して原始卵胞が出来上がっていますが、この週になると、男の子の卵巣が陰嚢に下りてくるようになります。

すでに妊娠3ヶ月の時点で精巣および卵巣は完成していましたが、これまで外性器が未発達だったため骨盤内に置かれていました。妊娠6ヶ月にはいって性器もほとんど出来上がったため、精巣は陰嚢内の正常な位置につく事に。

ただ、この下降する途中に何らかの原因で止まってしまうと停留精巣と呼ばれ、その場合は1歳児まで観察・治療が行われます。これは低体重児や早産児の3割がなるとも言われていますので、お母さんは注意が必要です。

早産と流産の分れ目 生育限界ライン

早産、流産の分れ目 生育限界ライン

22週に入ると、胎児は子宮の外に出ても生存できる生育限界ラインを超え、22週未満では子宮の外に出ても生きていけないため流産となりますが、それ以降は早産と区別されて出産後はNICU(集中管理治療室)で治療を行います。

ただ、22週の胎児の大きさは28cm程度で体重は4~500gとまだまだ非常に小さく、生存率は30~40%で後遺症が残らないのはその内の10%と数字を見ると厳しいのですが、妊娠25週を超えて出産すると生存確率は50%超と大幅にアップします。

トラブルがあって出産しても育つ可能性がありますが、やはりまだ子宮の中にいた方が良いので、お母さんは無理をしないように十分注意し、異変があった時はすぐ受診する心構えを持ちましょう。

肺の成長がポイント

肺の成長がポイント

妊娠12週までの器官形成期に肺を含んだほとんど全ての器官は出来上がりましたが、この週になると肺の成長が進んでいきます。今は胎盤から酸素を取り入れているので肺の機能はまだ始まっていないのですが、発達が進んでいて妊娠22週が生育限界と言われるのは、この肺の成長を元にしているからといわれます。

肺を膨らますのにはサーファクタントという界面活性物質を必要としますが、この時期にはまだ少ないためすぐしぼみやすく、未熟児や早産児は肺がしっかり機能せず呼吸状態が悪くなってしまうのです。妊娠34週頃にはサーファクタントが十分量になるので、早産でも後遺症が残る事はほとんどありません。

妊娠22週の母体の症状などについて

おりものの量が増えることも

おりものの量がこれまでの倍に増えることも

妊娠期間中はどうしても、おりものの量が増えるものなのですが、22週目になるとその量が倍になったりします。

これは膣炎を防ぐために身体の機能がそうさせるので、おりものの量がいきなり増えても何ら問題はないのですが、どうしても蒸れやすくなり、肌が荒れると、いったことも起きがちになってしまうので、下着は通気性の良いものを選ぶようにし、必要に応じておりもの用ナプキンなどを利用してみましょう。

22週までつわりが続いている場合

この時期までつわりが続いている場合

お母さんの中には、妊娠初期の段階で早々に、つわりが終わってしまう方もいるのですが22週目のこの時期になってもつわりが終わらない方もいます。

なかなかつわりが終わらないと不安に感じてしまいがちなのですが、つわりはもともと個人差が激しいものですし、「出産直前までつわりがあった」という方も少なくありません。体調不良が数ヶ月続いているということになるので大変ではあるのですが、必ずつわりはいつか終わるので、ゴールを見据えつつ辛抱強く過ごすようにしましょう。

子宮の成長によって様々な症状が

大きくなる子宮によって様々な症状が現れるように

22週目の子宮はかなり大きくなっているので、バランスも崩しがちになりますし、子宮まわりの皮膚が張ることによって、「つっぱり感」を覚えがちです。

足の付け根が突っ張ったり、お腹の皮膚が突っ張ったりといった症状を感じるようになり、それがストレスに転じてしまいがちなのですが、こういったストレスも、運動をしたり、リラックスしながら過ごしたりといった時間を設けつつ軽減していくべきなので、自分なりのストレス解消法を見つけておくようにしましょう。

妊娠糖尿病に注意!

妊娠糖尿病に注意!

妊婦さんは22週目を過ぎる頃から、色々なものを無理なく摂取できるようになってきます。食べる楽しみを覚える時期でもあるので、甘い物についつい手が出がちな方もいるのですが、糖質を摂取しすぎると二型糖尿病になってしまいますし、妊娠糖尿病になってしまうと後が大変になりますので注意が必要です。

妊娠糖尿病に注意2

また病院の指導のもと改善の為に、自分でお腹にインスリンを打ったり、糖の検査を自分でやったりと大変になり、やることが増えてしまい大変です。

糖尿病は最悪の場合、足を切断したり、失明したりしてしまいますし、赤ちゃんの健康状態を想像以上に悪くさせてしまうので、間食の多い方は、甘いものではなく酸っぱいものや煎り大豆などを食べるようにしましょう。

足の付け根などが張りやすい

足の付け根などが張りやすい

赤ちゃんの大きさは既に500g前後にまで成長しているので、当然、お腹もより大きくなり、歩くのも困難になってきます。

足に負担が掛かりがちになりますし、足の付け根が張りやすい時期なので、長時間、歩いて移動するようなことがある場合は、適度に休憩を挟みつつ、足を休ませるようにしましょう。足の付け根の張りを放置するとストレスとなり、赤ちゃんに悪影響を与えてしまうので、気をつけなければなりません。

妊娠22週食事について

胎児の形成のためにたんぱく質を摂取しましょう

赤ちゃんの骨や皮膚などの形成が進む時期なので、たんぱく質の摂取を心がけましょう。たんぱく質にも、動物性のものと植物性のものがあるのですが、動物性のものを摂りすぎると血流や消化が悪くなりがちなので、できればたんぱく質は植物性のものから摂るようにしましょう。

植物性の豆類や魚からたんぱく質をとれば、たんぱく質だけでなく豆の食物繊維や脳の機能向上に働きかける魚のDHAなどが併せて摂れます。野菜や魚なら塩分控えめでも十分おいしく食べられるので、むくみ・高血圧対策にもなりそうです。この時期が妊娠期間中もっとも、たんぱく質を必要とする時期なので、出来るだけ摂取するようにしてみてください。

「リン」を含むものには注意

「リン」を含むものに注意が必要

22週目は赤ちゃんの成長のためにたんぱく質が必要となる時期なのですが、肉類からたんぱく質を摂取することを続けてしまうと、「リン」の摂取量が増えてしまいます。

リンはむくみの原因になる成分であり、この時期に摂取してしまうと足や腰が余計に辛くなってしまいがちなので、肉料理の摂取はほどほどにしておきましょう。週に3回程度であれば、タフに活動するためのエネルギー源となるのですが、毎日食べてしまうようだと、血流も悪くなってきてしまうので気をつけなければなりません。

体重管理や健康管理方法は

健康管理の方法に自信がなくなってきた場合は・・・

22週目に突入すると、体調や体型が一気に妊婦らしいものになるので、生活が一変します。またつわりが終わり、食事がおいしくなり食べ過ぎてしまう妊婦さんも多い時期ですので、体重管理はしっかり行いましょう。

体調もどんどん変化するので、それによって健康管理の方法を見失ってしまいがちなのですが、そういった時は、市の主催している母親学級などに参加すると、妊娠中の注意点などを質問することができるので、そういったものをうまく利用しつつ、自信をつけていくようにしましょう。

妊娠22週お腹の張り,腹痛,出血,破水,早産

流産、早産いつからいつまで、切迫早産、早産、死産、正期産、切迫流産、切迫早産、稽留流産、化学流産、初期流産、後期流産の一覧表

現在の医療技術では、22週目で生まれた赤ちゃんであっても生存できる可能性は十分あります。しかし赤ちゃんの体重や状態により障害が残るケースが考えられます。

早産の原因として妊娠高血圧症候群、前置胎盤、低置胎盤、子宮頸管炎、絨毛膜羊膜炎、細菌性膣症、子宮頸管無力症、子宮筋腫、子宮奇形、羊水過多症、羊水過小症、多胎妊娠、妊娠糖尿病、疲労、ストレス、喫煙、飲酒、早産経験者、高齢出産などが考えられます。

切迫早産の兆候をよく観察して

切迫早産の兆候をよく観察して

これまでつわりも軽くお腹の張りも少ない順調な妊婦であっても、いつ急な体調や胎児の急な変化があってもおかしくないので、出産までは気を抜けないと思った方が良いでしょう。

段々強くなるお腹の痛みや出血がある場合は、切迫早産の可能性があるためすぐ受診しましょう。切迫早産の処置が早いほど早産になるのを避けられますが、その原因によっては入院して子宮収縮抑制剤や抗生剤を投与治療を行い、状況によっては長期入院もありえます。

普段からきちんと定期健診を受けて、無理のないように生活する事が大事です。

詳しくは::お腹の張り痛み安定期流産破水切迫早産早産常位胎盤早期剥離妊娠高血圧症候群

妊娠22週の体験談

どうしょう!逆子で不安な日々

どうしょう!逆子で不安な日々

妊娠21週までは順調に成長して向きもちゃんとしていたのですが、22週目に入ってからの検診で先生に赤ちゃんが逆さになってるね!なんて言われました。先生の話では、まだそんなに気にする事はないので大丈夫ですよ。なんて言われましたが私的にはえっ!!どうしようと言う感じでした。

帰宅後にすぐネットなどで調べたりして、逆子体操やお腹をさすってみたり声をかけたりと簡単な事だけやってみました。

その次の検診の時にはちゃんと治っていたので安心しましたが、先生は出産ギリギリまで逆子にならないでと言われましたが、無事に逆子にならずに出産出来ました。Sさん 34歳  妊娠22週

重度の妊娠悪阻で入院生活

重度の妊娠悪阻で入院生活

妊娠発覚時から、先生も驚く程の酷いつわり(重度の妊娠悪阻)妊娠20週頃には大体落ち着くだろうと言われましたが、悪化を辿る一方。その頃から悪阻にプラス胃の圧迫が始まりました。

悪阻の症状は吐き気、嘔吐、唾液が止まらないが主な症状でした。とにかく耐えるしかないです。体重は10キロ以上減り、妊娠22週から数ヵ月入院しました。

最悪食べなくても点滴をしていれば、生きていられる、お母さんが生きていれば赤ちゃんは無事に育つと考えながら耐えていました。何とか無事に出産し、みなさんに感謝してます。 ZAさん  28歳 妊娠22週

軽く陣痛来てるよ、すぐ処置しましょう

軽く陣痛来てるよ、すぐ処置しましょう

妊娠がわかり、それまで特にトラブルもなく安定的に過ごせていた私ですが、22週目に入ったある日のことです。夕食後、なんだかおなかが張る。

それまでも張ることはあったのですが、妙に長いし、ちょっとおさまったと思ったらまた…という状態が続いてたので、分娩予定の病院に連絡し受診することに。

たまたまよく歩いた日だったから、赤ちゃんがびっくりしたのかな、なんて気軽に考えていたのですが、産婦人科の先生曰く、軽く陣痛来てるよ、すぐ処置しましょう、とのこと。

そしてそのまままさかの入院…え~?!て感じでした。もちろん無理を言えば自宅で過ごさせてもらうこともできたのでしょうが私の場合はとにかく安静に、できるだけ動かないでということだったので…    Yさん 34歳

腰の骨がグラグラしている感覚

腰の骨がグラグラしている感覚

元々運動も妊娠前からよくしていたため体力があり、健康的な妊婦だったとは思いますが、妊娠22週に差し掛かった時急に歩くのが辛くなりました。

少しでも早歩きになると、お腹がきゅーっと突っ張り歩けなくなります。食後に走ったりするとお腹がキリキリ痛くなる事があると思うのですがそれに少し似た感じでした。

普段は早歩きだった私もこの頃からゆっくり歩く様になっていました。そして同時期に腰痛が悪化しました。妊娠前の腰痛とは症状が異なり、腰の骨がグラグラしている感覚でした。無理をしたらぎっくり腰になる気がしましたが、骨盤ベルトをすると腰が支えられ症状も緩和しました。

つわりは、6ヶ月頃になると普段は収まっていましたが、空腹になりすぎると吐き気がしてました。 Mさん 28歳

まとめ

22週目は妊娠中期であり、体調も安定しているので油断してしまいがちなのですが、身体のバランスを崩しがちになりますし、転倒しないための工夫は必須です。お母さんの中で赤ちゃんの骨や皮膚が続々と完成していき、出産が近づいてきたことが現実的に感じられるようになるのですが、用意しなければならないものなども増えてくる時期なので、計画的にしっかりと毎日を過ごすようにしましょう。

PR