【妊娠20週】胎児と母体の症状で知っておきたいこと

妊娠20週

妊娠20週になると、安定した体調が続くようになり、運動を楽しめる様になってきます。また体重増加が気になり始めますので注意が必要です。胎動を感じ性別がわかり、日増しにかわいく感じる時期です。

お腹の中では、羊水が増え、新しい羊水と古い羊水の交換が頻繁に繰り返されるようになり、めざましい変化があるのですが、それに応じて摂取しなければならないものなども出てくるので、栄養が不足しないように注意しましょう。

PR

妊娠20週の胎児の成長、お腹の様子

妊娠20週のお母さんのお腹と胎児の様子

妊娠20週大きさは250~350g程度に成長

妊娠20週 胎児 胎盤 羊水 の様子

この時期の赤ちゃんの大きさは250~350g程度まで成長しており、足もしっかり曲げたり伸ばしたりできるようになっています。

当初はかなり小さなサイズだった子宮もどんどん大きくなってきますし、羊水もたっぷりあるので、この時期の赤ちゃんは眠ったり踊ったり、お腹をキックしたりと、かなり自由に動くようになるのです。

羊水の量がこれまで以上に増えます

もうすでに胎児は、羊水を飲み込んで腎臓でろ過し尿として排泄する一連のシステムを行っていますが、羊水内は無菌のため尿が出ても問題ありません。

20週目になると羊水の量がかなり多くなり、3時間ごとに新しいものと古いものが交換されるようになります。羊水が頻繁に交換されることにより、赤ちゃんはより清潔に過ごせるようになるのですが、やはり羊水の交換が激しくなると、その分、水分が必要になってしまいます。

水分をこまめに摂取するようにすると、赤ちゃんの育つ環境を良くすることができるので、夏場などは脱水症状に気をつけつつ、こまめに水を飲むようにしましょう。特に喫煙は副流煙であっても血流を鈍らせ羊水が増えなくなるので、周りにも禁煙をお願いしましょう。

赤ちゃんがしゃっくりをするように

妊娠20週 胎児 の様子

20週目の赤ちゃんは、各器官がすっかり発達しているのですが、横隔膜はまだ発達していません。

そのため呼吸のリズムがおかしくなりがちであり、赤ちゃんはお腹の中で頻繁にしゃっくりをするようになります。このしゃっくりは横隔膜が形成されるまで続いてしまうのですが、いたって無害な症状なので、気にする必要はありません。

妊娠20週性別について

妊娠20週性別について

エコーではっきりと男の子、女の子がわかるようになってきます。性別がわかると産後の準備をしたり、名前を考えたりとお母さんになる喜びが増します。

まだ性別がわからない方も、しばらくするとわかるようになりますので、次の検診を楽しみにしましょう。

赤ちゃんの頭に毛が生え始めます

妊娠20週エコー 超音波 写真

これまでの赤ちゃんの頭部には産毛しか生えていなかったのですが、20週目に入るとちゃんとした髪の毛が生えてくるようになります。この髪の毛は、人間の通常の髪の毛ほどしっかりしていないのですが、赤ちゃんの頭部を守るために働いてくれます。

また、この時に生えた髪はおよそ2週間程度で抜け落ちてしまうのですが、また新たに髪が生えてくるようになり、だんだんと人間らしい髪が生えるようになってくるのです。

妊娠20週胎動について

胎動をハッキリ感じられるようになってきます

「19週目の時点では胎動を感じられなかった」という人も20週目になると胎動を感じられるようになります。この頃の胎動は気泡のようなものではなく、ギュルギュルといった動きであり、お腹の中で違和感を覚えることにより、胎動に気がつきます。

しかし、日中動き回ることが多いような方は、まだ20週目になっても胎動を感じ取ることができません。最初は不安に思うかもしれませんが、21週、22週と過ぎるうちに胎動をハッキリ感じられるようになってくるので、焦らずに待ちましょう。
詳しく:胎動について知っておきたいこと

五感が発達しコミュニケーション

20週目に入る前の段階でも五感はそれなりに発達しているのですが、20週目に入るとますます、触覚や聴覚が発達します。耳も聞こえるようになっていて、内耳も完成していますし、指先や足の感覚もより鮮明になっていくのです。段々と、五感の発達に伴ってコミュニケーションが取れるようになっていくので、楽しみに待ちましょう。

睡眠サイクルが出来ます

妊娠20週 睡眠胎児 の様子

20週目になると、赤ちゃんがお腹の中で眠ったり起きたりを繰り返すようになります。眠っている時にお母さんが激しい動きをすると、それによって起きてしまったりもしますし、睡眠リズムができることも発育の一つの過程なので、寝ている状態を邪魔しないように気をつけなければなりません。

また、赤ちゃんの胎動などを注意深く見守っていると、赤ちゃんがいつ起きていつ寝ているのかといったところがわかるようになるので、ぜひともチェックしてみましょう。

神経ネットワークが形成されます

神経ネットワークが形成されていきます

20週目の赤ちゃんは思考機能が発達するので、様々な神経伝達が可能となります。脳や身体の先端部分の神経回路が更に発達してくるので、胎児の指先の感覚も更にしっかりとしたものになってゆきます。

これまでは全身の皮膚に当たる感覚のみでしたが、これからは指先に触れるものの感触が分かるように。また、脳の神経回路の更なる発達によって記憶能力が発展します。

それまでは細かく感じられなかった物事も、細かく察知できるようになるので、お腹の外で夫婦喧嘩をするようなことはあってはいけませんし、ストレスになるような音や動作なども避けなければなりません。神経が過敏になってくると、赤ちゃんもストレスをしっかり感じるようになるので、赤ちゃんがより快適に過ごせるように工夫しましょう。

妊娠20週の母体の症状などについて

お腹が大きく 子宮成長スピードが加速

子宮の成長スピードが加速します

今まではグレープフルーツ大だった子宮も、20週目を過ぎると週に1cmのスピードで大きく育つようになります。この1ヶ月間で胎児の大きさは約1.5倍にも成長するのですが、その成長に合わせて羊水もこれからどんどん増え始め、胎児の大きさにマッチするように子宮も大きくなっていきます。

急激に育ち始めるので戸惑う方も多いのですが、マタニティウェア-を用意しておけば問題ありませんし、着ることができる衣類がなくなってしまう、といったことが実は一番問題になりやすいので、なるべく今の時期に、マタニティウェアを揃えておくようにしましょう。無理に、キツイスカートやキツイズボンを履き続けてしまうと、それが体調不良の原因となってしまうので、気をつけなければなりません。

おしゃれできない、と思うかもしれませんが、十分デザインの良いマタニティ服が販売されているので、今しか出来ないスタイルを楽しんでみてください。

妊娠高血圧症候群には気をつけて

妊娠高血圧症候群には気をつけて

妊娠中は体内の水分量がかなり増えて、血液として全身に送り出す心臓や老廃物をろ過する腎臓に大きな負担をかけるようになります。血管を通る血液が多くなるので自然と高血圧気味になり、また腎臓の働きが鈍くなると腎臓にあるたんぱく質が尿と一緒に排出されて尿たんぱくが出るようになります。

食生活や生活習慣に気をつけてすぐ改善する方なら問題は無いのですが、高齢出産の方や元々血圧が高い方・肥満の方は改善されずに高血圧症候群となる場合があり、その時は安静にする事や妊娠中でも使える降圧剤を用いて治療を行います。しかしそれ以上に、日頃から気をつけて予防する事が一番大事ですね。

乳頭が陥没しがちな場合は・・・

乳頭が陥没しがちな場合は・・・

赤ちゃんはお母さんの乳頭をしゃぶることによって、栄養を得ます。そのため、乳頭はしゃぶりやすい状態になっていた方がいいのですが、お母さんの中にはもともと乳首が陥没してしまっている方も多いのです。

そういった場合は「乳頭マッサージ」をするのが賢明であり、マッサージをするようになると段々と、陥没していた部分が起き上がってくるようになります。この頃からマッサージをしておくと、後々ラクなので、ぜひとも取り組んでみましょう。

妊娠中のサウナは控えめに

妊娠中のサウナは控えめに

妊娠中は体調が不安定になりがちなので、サウナは控えめにしましょう。この時期は既に安定期に入っているので、サウナに入ったからといって赤ちゃんの容態がおかしくなったりはしないのですが、お母さんは、この時期に水分不足を起こしてしまうと新しい羊水がスムーズに作られなくなってしまいます。水分不足を避けるためにも、サウナの利用は控えめにするようにしましょう。

外出の交通手段には十分気をつけて

外出の交通手段には十分気をつけて

これまでは自由にあちこち出掛けていたかもしれませんが、これからは注意が必要になってきます。お腹が大きくなってバランスを崩しやすい今は、もう自転車に乗るのは避けた方が良いでしょう。それから、今までは妊婦が車に乗る際シートベルトはつけなくても良かったのですが、今では着用が義務付けられています。

お腹に負担をかけないようなシートベルトのつけ方を心がけてください。また、頻繁に車に乗る機会がある人は、妊婦用補助シートベルトも販売されているので上手く活用しましょう。

便通と腰痛の予防のために

便通と腰痛の予防のために

20週目以降になると子宮が一気に大きくなるので、腸などが子宮にますます圧迫されるようになります。

そうなると、便秘などもどんどん悪化してしまいますし、腰痛などもますます酷くなってしまいがちなので、できれば運動するなどして、そういった各症状を緩和するようにしましょう。ウォーキングなども、するとしないとでは大違いなので、ぜひとも毎日するようにしましょう。

体重増加に伴い体重管理や運動を

体重管理や気分転換にもなるススメの運動

妊娠後期に入ってしまうと身体が重くなって運動する気も起きなくなるので、一番身体が動きやすく気持ちも上向きの今、運動を始めて習慣にしてしまいましょう。適度な運動をすれば食べ過ぎても太りすぎる事もなく、体力もつくので出産が短時間で済むという嬉しいメリットがあります。

色々な運動がありますが、おススメはマタニティビクス。妊婦の体調を考慮しながらも、腰痛防止や出産に必要な筋肉・体力をつけて有酸素運動でカロリーを消費するので、出産後から産後までをフォローしてくれる運動なのです。また、同じように妊娠中の方が集まるので、お友達つくりにもピッタリですね。

つわりで口の中の環境悪化

カルシウムが不足して歯が痛むことも

この頃の口の中の環境は、つわりやマイナートラブルの症状により、歯磨きがおろそかになったり、3食きちんと食べる食生活ではなく、食べたい時に食べる生活を送りがちです。また酸っぱいものを好んで食べたりします。

それらのことで、口の中の環境が悪化(酸化傾向)し、虫歯や歯周病のトラブルになりがちですので注意が必要です。

また妊娠中は女性ホルモンの影響で歯周病(妊娠性歯肉炎)になりやすいです。妊娠の歯周病は、早産や低出生体重児になるリスクがあることがわかっていますので、今の状況にあったオーラルケアを意識してみてください。

妊娠20週の出血や腹痛 流産について

流産いつからいつまで時期、切迫流産、切迫早産、稽留流産、化学流産、初期流産、後期流産、切迫早産、早産の一覧表

後期流産(安定期流産)の可能性がある妊娠20週ですが、安定期のため油断をしてしまい、腹痛、お腹の張り、出血などが起こり、切迫流産・流産になってしまうケースがあります。

その他原因として子宮筋腫、子宮奇形、子宮頚管無力症、絨毛膜羊膜炎、破水、ストレスなどがありますので、安定期だから検診をしないなどがないように心がけましょう。

腹痛、お腹の張り、出血のを感じたときはすくに病院に行き医師の診断を受けてください。早めの処置で流産とならず切迫流産で妊娠継続は可能です。

詳しくは::お腹の張り痛み安定期流産破水切迫流産稽留流産切迫早産早産

前置胎盤、低置胎盤での出血も

正常な胎盤と前置胎盤、低置胎盤の比較表

突然の出血、病院での診察後、胎盤の位置が通常より低い前置胎盤、低置胎盤と診断される場合や疑いありと診断された場合は安静が必要になります。安静にし様子を見て胎盤が上に上がる場合は問題ありませんが、安静にせず無理をすれば、流産の危険があります。

また妊娠後期になっても改善が見られない場合は、早産、帝王切開のリスクがあります。定期診断を必ず受けて、事前にお腹の状態を知ることも大切なお母さんの仕事です。

詳しく:前置胎盤 低置胎盤

妊娠20週の体験談

愛おしい!赤ちゃんのキックに一喜一憂

愛おしい!赤ちゃんのキックに一喜一憂

今までエコーを介してしか赤ちゃんが元気にしているかどうかが分からなかったのが、18週頃からなんとなく胎動を感じ始め、今日も元気だなぁと日々幸せに浸っていたのも束の間、20週頃からたまに力強い胎動を感じる様になりました。

この時期の赤ちゃんはまだ子宮の中で自由に動き回れるので逆子の状態になることもしばしばあります。その場合、膀胱や膣の方を元気よくキックされます。トイレに行きたい時だと尿漏れしそうな感じになったり、膣の方を蹴られると出てくるのではないかと思うこともあります。

この様に元気良すぎ!と思うこともあれば、しばらく胎動を感じないと不安で元気してるかーい?と話しかけてみたりすることもあります。でも、キックゲームでコミュニケーションを取れると愛おしく感じたり、毎日赤ちゃんの胎動に振り回されていますが、なんだかんだ言って命を感じられ幸せです。Mさん 27歳  20週 

帝王切開になるかもしれない

帝王切開になるかもしれない

妊娠20週頃、定期健診の時に病院へ行ったときのことです。エコーで確認していると、若干前置胎盤気味と言われました。子宮口の所に胎盤が少し重なっているという状態とのことでした。

初めての妊娠だったので、それがどういう影響があるのか分からなかったので、その後先生に聞いてみたら、そのまま子宮口にかかってる状態で出産を迎えると、帝王切開になるかもしれないとのことでした。

ただ、まだ4ヵ月ほどの猶予があるので、子宮が大きくなるにつれて、胎盤も上がってくる可能性があるので、まだはっきりとは言えないと言われました。

その後、自分にはどうしようもなかったのですが、できるだけ生活習慣を気をつけ、赤ちゃんと会話していました。

検診の度に確認してましたが、8ヵ月の検診あたりで、胎盤が上に上がったので、帝王切開しなくて大丈夫でしょうと言われホッとしました。 自然分娩で元気な赤ちゃんを出産することができました。chiさん 26歳

お腹の張りには油断禁物

お腹の張りには油断禁物

仕事が立ち仕事だったので、普段からお腹が張ることはよくあったのですが、少し安静にしていればおさまっていました。ちょうど妊娠20週に入った日、朝からお腹の張りがありました。

しばらくベッドに横になったままで居したが、一向に張りがおさまる気配もなかったので、勤務先に遅刻の連絡をした後、病院で診察を受けました。結果は、切迫流産で、2週間の安静。仕事もドクターストップがかかりました。

その後、2・3日はトイレに立つだけでもお腹がカチカチに張ったりしましたが、10日後には通常通り仕事にも復帰できました。

妊娠中にお腹の張りはよくあることですが、妊娠生活は十人十色です。後で後悔することがないように、少しでも気になる事があれば、すぐに受診することをオススメします。受診して何もなければ、それが一番安心できますよ。  Mさん 32歳

心臓がキューッ 大きくなるお腹の重みが・・

心臓がキューッ 大きくなるお腹の重みが・・

妊娠20週目ごろまでつわりがありました。つわりは、段々と解消されて行きました。元々、細身の体形で背も低かったので日に日に大きくなるお腹の重みを感じる生活が苦しかったです。

座っているときなどは大丈夫でしたが寝る時にお腹の重みを感じる事が多くベッドとお腹の間にクッションを入れて支えて寝ないと辛かったです。寝返りも簡単に出来ない状況が辛かったですね。

後は、時々心臓の鼓動が物凄く早く波打って動悸の様なものがあったり心臓がキューッと痛くなる事がありました。ドクターに相談しましたが、経過観察になり特に治療はしませんでした。YMさん 25歳

まとめ

この時期になると、赤ちゃんの神経回路なども形成されていきますし、ますます赤ちゃんが人間らしい形になっていきます。

お母さんはカルシウムが不足したり、腸が痛くなったりと様々なトラブルを抱えがちではあるのですが、運動しつつ、適度に休みつつ過ごせば、毎日を穏やかにやり過ごすことができます。特にウォーキングは、症状を緩和させるのに非常に役立つので、毎日決まった時間にお散歩などをしつつ、母体の健康を守るようにしましょう。

PR