【妊娠32週】胎児と母体の症状で知っておきたいこと

妊娠32週

妊娠32週目になると、妊娠9ヶ月目の第一週に突入します。高血圧になったり腰痛になったり、むくみがまだまだ続いていたりと、何かと辛い時期ですが、もうあと1ヶ月で臨月といったところまで来ているので頑張りましょう。

おりものが増える時期なので、下半身に不快感を覚えることも増えるのですが、そういった問題もこまめにシャワーを浴びるなどして解消しましょう。

PR

妊娠32週の胎児やお腹の状態

妊娠32週のお母さんのお腹と胎児の様子

赤ちゃんの体重が2300g程度に成長

妊娠32週 胎児 胎盤 羊水 の様子

赤ちゃんの体重は1500~2300g程度にまで成長しています。この時期に一気に増えるようになるので、お母さんの体重も急激に増えるようになります。

それによって食欲が増えてしまったり、体重が必要以上に増えてしまったりしがちかもしれませんが、体重が必要以上に増加してしまうようだと、産道付近にまで肉がつきすぎてしまうので、注意しなければなりません。産道に肉が付きすぎると難産の原因となるので、太ってしまった場合はダイエットに励むようにしましょう。

赤ちゃんの表情が豊かになります

胎児 エコー 3D超音波 写真

32週目の赤ちゃんは既に喜怒哀楽の感情が出てきているので、エコーをチェックすると、赤ちゃんの笑顔やしかめっ面などがわかる場合があります。

喜怒哀楽の表情は、確認できる場合とできない場合があるので、必ずしもそれをこの時期に見ることができるというわけではないのですが、この頃には脳機能もほぼ完成していますし、お腹の中の赤ちゃんは、様々なことを心で感じすようになっているのです。

胎動と羊水について

妊婦 おなか 足型 見える

32週目になると、羊水の量も800ml程度まで増えます。しかし、32週目以降からはうってかわって、羊水の量が減少していきますし、赤ちゃんは段々と子宮の底に下りてくるようになるのです。羊水は最終的には400ml程度にまで減少し、赤ちゃんは子宮の壁にぴったりとくっつくようになるので、それによって胎動も少なくなっていきます。

羊水はお母さんと胎児の間のクッションの役目をしていましたが、これからは少なくなって手足が子宮に触れるほどになってくるため、胎動がある時は内側から押されて胎児の身体のパーツが飛び出てくるのを確認できるようになります。

ただ羊水の減りが少ないまたは多いと医師から指摘された場合は、入院して経過観察し胎児のノンストレステストを行う事があります。

胎児は胎毛が不要になり始めます

妊娠32週 胎児 頭 顔 の様子

今までは、羊水の刺激に負けないようにするために、胎児は自分の身体を胎毛で包んでいるのですが、32週目からは羊水も少なくなってきます。

子宮の中の状態がどんどん変化していくので、それに応じて胎児の身体も変化します。今までは必要不可欠だった胎毛が不要になり始めます。外の世界に出た時のために皮下脂肪などを発達させていくようになるのです。

皮下脂肪がしっかりとついてくる

妊娠32週 胎児 の様子

胎児の皮下脂肪には、ある特定の場所のみに存在してエネルギーを作り出す働きがある褐色脂肪細胞と、作り出した体内の熱を外気に奪われないよう全身を覆っている白色脂肪細胞の2種類あります。

体温発生・調節機能はすでに出来ていますがまだ発達中なため、まずは熱エネルギーを外部へ発散させないようにするための皮下脂肪がつき、この頃になればずいぶん皮下脂肪の量が増えてきます。エコーではさらに赤ちゃんらしくなった胎児が確認できるでしょう。

排泄運動が順調に機能すます

妊娠32週 胎児 胎盤 へその緒の様子

血液が全身を循環するようになり、しっかりとシステムが出来上がりました。動脈は細胞へ栄養を運び、静脈は細胞からの老廃物や余分な水分を受け取る仕事が完成し、体液循環システムの終わりである膀胱もきちんと尿を排泄するようになっています。

ただ膀胱はまだ小さいので、この時の胎児は定期的ににおしっこをしています。このようにお母さんの血漿でできていた羊水は、妊娠後期になるとその大部分が胎児の尿になります。そう聞くとびっくりされる方も多いですが、子宮内は無菌状態なので安心してください。

32週 逆子について

逆子

脳が更に発達を続け、しわもより深く多く刻まれてゆきます。頭自体も脳の成長につられて大きくなってゆくのですが、身体も負けずに手足が伸びて、この時期は4頭身になります。

ほとんどの胎児は頭を骨盤に付けるような姿勢に落ち着きますが、中には逆子だったり母体の軸と直角に交わる横位と呼ばれる状態になる事もあります。

逆子や横位を直すためには逆子体操の他にも、血行を促進して胎児の動きを活発化させて頭位へ導く方法などもありますので、諦めずに半身浴や運動を続けてみてください。

子宮底長で成長がわかる

子宮底長で成長がわかる

子宮底長は30cm程度になり、赤ちゃんは窮屈な状態で子宮の中に収まるようになります。

子宮が成長する関係で、こむらがえりなども多くなりがちなのですが、マッサージをすることによって改善することができるので、足の痙攣が酷い場合などは、マッサージをして下半身を休めるようにしましょう。あまりにも辛くて自分ではどうにもできない場合は、パートナーにマッサージをお願いしてみてください。

妊娠32週の母体の症状などについて

膣のゆるみでおりものの量が増えます

膣のゆるみでおりものの量が増えます

32週目になると、赤ちゃんを育てるための産道を柔らかくするために身体が働き出すようになります。膣がゆるむようになり、おりものの量が増えるので、下半身に不快感を覚えることが増えてしまうことでしょう。

そういった不快感は、おりものシートを使ったり、下着をこまめに交換したり、シャワーを1日に何度も浴びたりすれば改善できるので、おりものの悩みはそのようにして解消しましょう。

妊娠高血圧症候群に注意

妊娠高血圧症候群になるとむくみが激しくなります

出産に備えて造血がさかんになる時期なので、その影響で妊娠高血圧症候群になってしまう人もいます。妊娠高血圧症候群とは、妊娠中に高血圧になってしまったり、尿タンパクが出てしまったりする症状のことであり、妊娠高血圧症候群になってしまったお母さんはむくみが激化してしまうのです。

32週目になると妊娠高血圧症候群になる可能性が高まるようになり、20人に1人のお母さんが発症してしまうので、血圧には注意しなければなりません。

おっぱいから初乳(母乳)が出る場合も

おっぱいから初乳が出る場合も

早い方では安定期に乳頭から黄色い分泌物を認めますが、乳腺もかなり発達してくるこの頃にも初乳が出る方が多くなります。まだまだ出産までに1ヶ月は掛かるのですが、32週目の時期に「母乳」を確認できる人もいます。

初乳とは、黄色みのあるねばねばとした分泌液のことであり、乳首からそういった液が出てきた場合はそれがその人の初乳となります。しかし、身体からはじめて出る母乳なので、よく言われる初乳なのですが、実は出産後の初乳とは同じように見えて成分が違います。

出産後はプロラクチンとオキシトシンというホルモンが分泌されて、初めて免疫グロブリンやたんぱく質・ミネラル・ビタミンなどが母乳に含まれますが、出産する前の母乳には栄養が含まれておらず、母乳というよりは乳頭や乳腺を掃除して母乳を通りやすくする液体のようなものです。初乳は出産後に生成されますので、あまり心配しないようにしてください。

初乳が出たということは、おっぱいが赤ちゃんを育てるための準備を始めたということなので、分泌液を出やすくするためにも、マッサージをしてみるようにしましょう。

産後の母乳を意識して

産後の母乳を意識して

お母さんの身体は既に、赤ちゃんにミルクをあげるための準備を始めています。

初乳が出ることが多いのもこの時期ですし、この時期からお母さんのおっぱいは赤ちゃんのためのミルクを作り始めるので、ミルクを作るために必要なビタミンKなどの栄養を摂取するようにしましょう。ビタミンKが不足していると、産後にミルクの出が悪くなってしまうので、注意が必要です。

胃腸の圧迫感で食欲不振になる人も

胃腸の圧迫感で食欲不振になる人も

32週目にもなると、子宮がかなり大きくなっているため、胃腸もその分、圧迫されるようになります。これまでは何とか食事だけは摂ることができていたという人も、この時期からは食事が苦痛になってしまいがちなので、せめて消化に良いものを食べるようにし、胃腸にそれ以上の負担をかけないように工夫してみましょう。

なるべく栄養のあるものを摂取するべきですが、食欲不振に悩む場合は、食べたい物を食べることによって改善を試みてみてください。

便通をよくするための工夫を

便通をよくするための工夫をしましょう

子宮の大きさに圧迫されて便通も悪くなってしまいがちなのですが、食物繊維を摂取するようにするとかなり改善されます。

海藻類や葉野菜を食べるようにしたり、肉料理を控えるようにしたりといった風に工夫すると、便通が改善されてよりラクに過ごせるようになります。どうしても、妊婦さんは便秘が続いてしまいがちなのですが、食事の内容を工夫すれば改善できるようになるので、消化にいいものを食べるようにしてみましょう。

階段などは足元に注意

足元が見えなくなるので階段や履物には注意

この頃には腹囲は100cmとは行かなくても、かなり大きくなって足元がまったく見えなくなります。特に気をつけないといけないのが階段で、建築法で定められている踏面、つまり階段の足を置く部分の幅は最低15cmとなっているため、場所によってはお腹で階段が見えない事も考えられます。

踏み外せばその衝撃でお腹が硬くなってしまったり、下手をすれば破水する可能性もないわけではありません。必ず手すりにつかまって一歩ずつ確認しながら降りましょう。また、ヒールのある靴は禁止くらいに考えて、すぐ脱げないようなサンダルやスニーカーに替えて転倒予防を徹底してください。

妊娠32週お腹の張り,腹痛,出血,破水,早産

妊娠後期、臨月・正産期・過産期・早産・切迫早産いつからいつまで 出産予定日いつ 一覧表

子宮口が開き子宮収縮がある状態が続くき、酷いお腹の張り、腹痛、出血、破水が見られたときは切迫早産や早産の兆候ともいえます。

原因として妊娠高血圧症候群、前置胎盤、低置胎盤、子宮頸管炎、絨毛膜羊膜炎、細菌性膣症、子宮頸管無力症、子宮筋腫、子宮奇形、羊水過多症、羊水過小症、多胎妊娠、妊娠糖尿病、疲労、ストレス、喫煙、飲酒、早産経験者、高齢出産、若年出産などの原因が複雑に絡み切迫早産、早産になります。

できるだけ早産は避けたいですが、妊娠32週で早産び赤ちゃんは大丈夫なのでしょうか?後遺症が心配ですが、医療が発達してこの時期であればNICU(新生児集中治療室)で元気に育ちます。胎児の体重が2,500グラム以上あれば様々なリスクは軽減されます。

破水しそうな勢いでお腹が張るように

破水しそうな勢いでお腹が張るようになります

出産が近づいてくると、破水が心配になるほどお腹が張るようになります。お腹の張りは妊娠している以上、仕方のないことでもあるのですが、張りがあまりにも酷いと破水を心配するようになってしまいがちですし、精神的に落ち着かなくなってしまう方も多くなっています。

この時期に破水することは滅多にありませんが、ここまで安全に過ごすことができればほとんどのお母さんはそのまま赤ちゃんを健康的に出産できるので、心配しすぎないようにしましょう。

ただし、お腹の張りと腹痛、出血、おりものの変化、破水などが感じられた症状は切迫早産、早産に注意が必要です。もしそのような症状があった場合は、焦らす、医師の診断を受けるようにしましょう。

詳しく:妊娠後期腹痛陣痛兆候切迫早産早産おしるし破水帝王切開

切迫早産での自宅安静とは

切迫早産での自宅安静とは

お腹の張りや腹痛、出血などで医師の適切な処置後、入院や自宅安静するようにと話があります。入院の場合は寝るしかないので、安静している状態になりますし医師の管理下ですので安心です。

問題は自宅安静の仕方です。「とにかく動かない」「寝たきり」です。安静の意味をはき違えて、家の中で通常の生活をすれば大丈夫と勘違いしている方もいますが、最小限の動き、トイレ、食事だけにしましょう。

お風呂も入らない、家事もしない、旦那様、上の子の世話もしない、これらは協力者がいないとできないことですので家族と相談して実践するようにしましょう。赤ちゃんを守れるのはあなただけです、後悔しないように「やりすぎなぐらい安静」にすることが大切です。

おりものに血が混じっている場合

おりものに血が混じっている場合

32週目になるとおりものが多く分泌されるようになるのですが、基本的には色は通常通りの色ですし、血が混じるようなこともありません。

この時期のおりものは量が多くなるだけであり、血が混じることはまずないので、もし血が混じって、臭いがきついような場合は産婦人科へ行くようにしましょう。膣炎になっていると出産の際に赤ちゃんがキケンな状態になってしまうので、治すのならば今のうちです。

妊娠32週の体験談

急に破水、見逃しの原因はおしっこ?

急に破水、見逃しの原因はおしっこ?

第一子の出産は妊娠32週で急に破水、入院、早産での出産で、とにかくバタバタしました。しかし今考えてみると、第一子の妊娠中は20週を過ぎた頃から、お腹が張ってキューっと硬く、痛くなることが1日に何度もあり、お腹の中の赤ちゃんの足の形が分かるくらい張ることもありました。

32週で破水する数日前に産科の検診を受けた際は特に問題はないとのことだったのですが、どうやらおしっこが膀胱に溜まっていると子宮口の開きが分からず、見逃してしまったのではないかと、第二子の切迫早産を診察された時に言われました。

お腹の張りが気になって診察を受ける場合、トイレでおしっこを空にすることをおすすめします。 YUさん 32歳 妊娠32週

前駆陣痛の感覚は?上の子はなかったのに?

前駆陣痛の感覚は?上の子はなかったのに?

予定日までしばらくある時期にお腹がごろごろし、すごくギューンときつい痛みにじわじわ悩まされてこれは陣痛?という思いを何日か続いていましたが4日位して徐々に痛みとその間隔がうすれていき、それは前駆陣痛でした。気になって不安でネットで同じ症状の経験のある人の様子をみたらまさにこの感じだと思いました。

上記は二人目の時の経験で、上の子の時はまったく違って、一気に陣痛が来て出産までのスピードも早かったので、二人目の前駆陣痛は不安が大きくなって緊張状態でした。

結果としてうまく子供に酸素が回らずという理由から帝王切開での出産となりました。生まれてくるまで出産はどんな形になるか未知の世界でドキドキするものです。 YUさん 32歳 妊娠32週

カンジタ膣炎になっちゃいました

カンジタ膣炎になっちゃいました

32週の頃、カンジタ膣炎になりました。はじめはなんとなく痛痒い感じで、最近変えたボディーソープが合わなかったのかなとか、蒸れてかぶれたのかなと軽く考えていて、2日ほど放置していました。あっというまに悪化して、もう、3日目の夜には痒くて痛くて、オリモノもすごく増えて、不安と不快感で夜も眠れないほどで、翌朝1番に病院にかけこみました。

医師からは「酷めのカンジダだね。しんどかったね」と言われ、「妊婦さんはなりやすいから、不潔だからなったの?とか考えなくて良いからね。洗いすぎると却ってよくないよ。ボディーソープはベビー用のとか、低刺激のがいいかもね」といったアドバイスも頂きました。膣剤と塗り薬を処方され、魔法みたいにすぐによくなりました。

カンジダってあんなに痒くて痛くて不快なものだとは思いませんでした。カンジダに限ったことではありませんが、もし何か異常を感じたら、「もうすぐ次の健診だし、その時でいいや」なんて思わずに、早急に診察してもらうことを強くおススメします。       Hさん 29歳

フラフラする原因は・・貧血でした。

フラフラする原因は・・貧血でした

ちょうど32週に入ったころでしょうか。座ってたちがあるときにフラフラとするようになりました。お腹が重くなってバランスが悪くなってるのかな、くらいにしか思っていませんでしたが、先生に相談して血液検査をしたら、極度の貧血状態に陥っていました。

極度の貧血になると、出産時に出血が止まりにくくなると言われたので、それはもう必死に改善するように努力しました。

処方された鉄剤を飲んで、食生活でも、口さみしい時はひたすらプルーンを食べ、食事でもマグロやひじきなどの鉄分が多いと言われている食材を積極的に摂りました。おかげさまで、次の健診では何とか正常値には戻っていたのでホッとしました。     Mさん 30歳

上の子と仕事と家事と妊婦

上の子と仕事と家事と妊婦

二人目を妊娠した時、妊娠32週のときに、切迫早産と診断されて入院になりました。その時、仕事と育児が忙しく安静を保つことができずに、必死で働いていました。

そして久しぶりに検診にいったときに、分娩監視装置を装着した時、陣痛のようなものが起きていることがわかり、内診をした結果、入院となりました。

それは余りにも急になったので、とても驚きましたが、そのままだと分娩をすること(早産)になるかもしれないと言われ、安静入院をすることになりました。その後は、安静にし状態が安定したので、本当に良かったです。 AIさん 25歳

まとめ

32週目以降は、膣がゆるくなるなど、身体が出産のための具体的な準備を始めます。姿勢をまっすぐ伸ばすのが難しくなる時期ですし、動悸や頻尿などがますます酷くなり、そういった諸症状に苦しむようになってしまいがちですが、子宮が下りてくることによって段々と症状も落ち着いていくのです。

この時期になってもつわりに苦しむ方も多く、体調不良を原因とした鬱に悩む方も決して少なくないのですが、あと数週間で出産することができるので、前向きな姿勢でマッサージや運動に取り組むようにしましょう。

PR