【妊娠37週】胎児と母体の症状で知っておきたいこと

妊娠37週の体験談

妊娠37週の先輩ママの体験談

奇跡的に逆子が治り自然分娩に!

奇跡的に逆子が治り自然分娩に!

2人目妊娠中に1人目とは違うしんどさがあり、定期健診のとき先生に質問したら、あっさり「あ、今は足位(逆子)なので、そのせいかな?」と言われました。

それでも妊娠中期は順調に進んでいましたが、34週を目前にすると「来週も足位のままだったら帝王切開になるので、手術の段取りを相談しましょう」と言われました。

1人目の出産は自然分娩だったのですが、8人部屋のうち6人の方々が帝王切開のママさん達で、夜中になると「(傷口が)イタ~い、イタ~い!」と唸っていました。

そんなこともあって次の何とか頭位に戻るよう、優しくマッサージしつつ「産んだ後ママが元気でないと、あなたも大変よ~」と半分脅し(!)ていたら、奇跡的37週に戻っていました。お腹の中にいた頃から、素直な良い子だったのだなぁ~と思います。OPさん 36歳    妊娠37週

全前置胎盤治らず~大病院に転院~自己血を採取~帝王切開

私は妊娠中期から胎盤が子宮口を覆う形で形成される前置胎盤と診断されていました。通常は胎児の成長に伴いお腹が膨らむと共に、90%以上の確率で胎盤の位置が子宮口から外れ、上がっていくと医師から聞いていましたが、30週を超えても胎盤の位置は変わらず最終的に全前置胎盤と診断を受け、小さな産婦人科から大きな病院へと転院になりました。

前置胎盤の帝王切開は出血量が多くなるハイリスク出産のため、輸血などの準備も必要なため、産婦人科だけでなく施設の整った病院で出産することになったのです。

出産までの一ヶ月で他者からの輸血を避けるため数回に分けて血液バックに自己血を採取し保存してもらいました。採血は針が太いのと、採血量が多いので時間もかかり、かなり精神的にストレスでした。

術前検査を終え、帝王切開の日を迎えましたが、大きな病院のため研修医が多く、頚椎麻酔で何度も失敗され、とても怖い思いをしました。幸い出産は無事終わり、赤ちゃんも元気いっぱいですが、術後の痛みを思い出しても、できることならもう二度とお腹を切りたくないです。NTさん 30歳 妊娠37週

安産でした。切迫早産~陣痛~出産 感動です。

安産でした。切迫早産~陣痛~出産 感動です。

初めての妊娠、出産でした。33週の時、お腹の張りがすごく、切迫早産で入院しました。退院できるのは、赤ちゃんの肺機能がちゃんと整ってからの臨月の36週過ぎたらと言われ、約1ヶ月の入院を経て退院に。入院中、お腹の張りを抑えるために点滴をしていました。

点滴を外したらすぐに産まれそうと病院の先生に言われており、退院後2日自宅待機→3日目入院→明日産まれそうお腹の張りが凄くて、けど初産だから陣痛がはっきりわからず、入院2日目の朝から今日産むぞと覚悟し、お腹の張りに耐えながら病院内を歩きまくりました。

たまに子宮口がどれだけ開いているかを助産師さんに確認してもらい、内診グリグリ!この内診グリグリがまさに恐怖でした。痛過ぎて痛過ぎて朝から頑張ったけど陣痛はこず夕方になって、助産師さんに陣痛促進剤打とうか?と言われました。

この時思い出したのですが、妊娠した時から子宮頸管が普通の人より柔らかいからすぐ産まれる、促進剤打ったら一発で出てくると思うよ!と先生に言われました。

ドキドキしながら促進剤投与、尋常じゃない痛み。我慢できるのか。これが陣痛かと感じながら旦那にツボを押してもらいました。打って5分も経たずに助産師さんにもお我慢できません。出てきそうです。と叫び、旦那に病室から退出してもらい、出産スタートです。

レバーを握り、いきむ。いきむのに必死で呼吸がうまくできていなかったので、助産師さんにちゃんと呼吸してあげないと赤ちゃん苦しいよっていわれ、頑張って深呼吸もした。

先生の登場でさらにいきむ。出てくる所をいつ切られたのかは感覚も全くわからず、とりあえずいきむ!よく鼻からスイカといいますが、お尻からスイカ状態です。

10分もかからず、いきむにいきってオギャーーー!!この時の感動はきっと生きている中で一番かなと思いました。人間って凄い、生命って凄い、そう思いました。

赤ちゃんが出てくるタイミングで、助産師さんにはい、力抜いてっていきむのをやめるように言われるのですが、私は必死過ぎて声が聞こえず、いきんでしまいました。なので、子宮の部分が少し裂けてしまったようです。

私は安産らしくて、確かに今考えてみると出産の痛みは感動で忘れました。けど、その後傷口を縫うこと、これの方が痛かった記憶があります。普通の人は反対らしいんですけど。笑出産は本当にいい経験でした。

2600gで少し小さめでしたが、元気に産まれてくれて、本当に幸せです。これから出産する人もがんばって下さい。AYさん 23歳  妊娠37週

出産の兆候はおしるしからの異常な食欲でした。

出産の兆候を感じたのは、37週の朝のおしるしからでした。ちょうど健診だった事もあり、おしるしがあった事を伝えると「赤ちゃんもだいぶ下がってきているし、いつ出産になっても大丈夫なように準備しておいてね」と言われていました。おしるしがあったものの他に変化はなく、3日が過ぎようとしていた時です。

その日は何故か物凄い食欲。夕食は珍しく外食をし、お腹いっぱいになったところで、何かお腹がおかしいと感じ始めました。これはお腹がいっぱいで苦しいというより、5分間隔で痛みがやってきている事に気がつきました。陣痛だったんです。

そこから病院へ電話をして、バタバタと入院になりました。おしるしからの異常なくらいの食欲、これは出産前に体力をつけなさいと体が反応していたのかなと思っています。おかげで、無事に出産を終える事が出来ました。RNさん 24歳 37週

37週から準備 陣痛こない日々

37週から準備 陣痛こない日々

予定日を8日超過し、陣痛促進剤でなんとか出産しました。37週の正期産に入るといつ産まれてもいいように準備をしていました。

38週の健診で子宮口が1cm開いている、39週では2cm、と順調かと思われましたが、40週ではなぜか1cmと言われました。その頃はちょうど予定日で、親や友人、知人からの連絡が全てプレッシャーに感じ、返信できずにいました。

毎日2時間の散歩をしたり、健診時にグリグリされてもびくともしない鉄の子宮口でした。結局、予定日から1週間が過ぎた41週に、誘発分娩をしましょう。と医師に言われ入院しました。

「バルーンを子宮口に入れて、ある程度開いてきたら、陣痛促進剤を使用します。」

「万一、これが聞かなかったら、帝王切開になります。」医師の説明に、かなり不安になったのを覚えています。

出産前日に入院し、バルーンを挿入すると、夜にはバルーンは取れ、子宮口が3cm開いている状態になりました。その翌日に陣痛促進剤を投与し、いきなり2分間隔の陣痛がきて、それから1時間ほどで産まれてきてくれました。なかなか陣痛がこない不安な日々を送った分、やった出会えた我が子がとても愛おしく感じました。 Yさん 31歳 妊娠37週~

私の予定帝王切開の流れです 浣腸~検査~剃毛~麻酔~手術

帝王切開前日の午前9時に入院し、まず入浴でした。入浴後点滴をされ、浣腸を二回に分け行われトイレとお友達状態でした。それから昼までまったりしていました。

午後から色々な検査(血液検査や血圧、体温、心電図、超音波やNSTで赤ちゃんの状態もチェック)をしました。手術1時間ほど前の夕方に剃毛などの処理を行ってもらい、帝王切開までハラハラドキドキソワソワしながら過ごしました。

帝王切開の時間になり歩いて手術室に入り、裸になり手術台へあがり、血圧測定や酸素マスクをしたり手術の準備が行われ、先生を待ちました。下半身の感覚をまひさせる麻酔をしました。

「丸く縮こまり自分のおへそを見るように!猫のポーズ」とアドバイスいただきましたが上手く出来ず三回も痛い思いしました。麻酔が聞いたか確認で「冷たいですか?」聞かれましたが違和感がありました。氷のように冷たい!と聞き冷たくないですと答え手術が始まりました。

手術時間はすぐ終わり赤ちゃんが無事産声をあげ生まれました。生まれたあとは、私のあまりの緊張ぶりに麻酔科の先生が気を利かせて下さり睡眠薬と安定剤を処方されすぐ眠りにつきました。起きた頃には、ベッドの上でした。KMさん 31歳 37週

予定帝王切開なのに前駆陣痛が・・

予定帝王切開なのに前駆陣痛が・・

第1子は逆子の為予定帝王切開。第2子はVバック希望でしたが、微弱陣痛の為帝王切開でした。2回帝王切開したので、第3子も予定帝王切開でした。でも、その予定していた日よりも2週間前から前駆陣痛がおこりました。

すでに子どもがいるので、子どもを抱っこすることも多々あり、子どもを追いかけて走り回ることも多々ありました。しかも、2月予定日なので寒く、身体を冷やしてしまったのもあるかもしれません。

予定帝王切開なので、37週で出産することが決まっていたのですが、35週から夜になると前駆陣痛がおこりました。毎日、毎日「まだ生まれないで、まだ出てきちゃだめだよ~」とお腹に話しかけていました。

なんとか、帝王切開予定日までお腹の中にいてくれたのでよかったのです。  Mさん 32歳