【妊娠36週】胎児と母体の症状で知っておきたいこと

妊娠36週の体験談

妊娠36週の先輩ママの体験談

陣痛だと確信していましたが、前駆陣痛

陣痛だと確信していましたが、前駆陣痛

妊娠36週の時に、前駆陣痛を体験しました。それは、私が、夜の20時頃に、台所で出産後の食品の整理整頓をしていた時に起こりました。始めに、腹部に軽い生理痛のような強い痛みを感じました。その後、徐々に痛みが規則的になり、叩かれるような痛みを感じ、出血も見られました。

不安と期待が入り混じり、混乱しましたが、なんとか、気持ちを落ち着けるようにしました。次の日の朝になるまで、痛みは続き、産院に連絡をして朝一番に受診をしました。

子宮口を見ると、まだ1センチしか開いておらず、朝の11時くらいには痛みが遠のいてしまいました。先生からもまだ生まれないと言われて、一旦帰宅をすることになりました。そのあと、午後15時頃からまた痛みが始まりました。今度は、強い痛みで、耐えられず、産院に行きました。

子宮口が4センチに開いていることから、今日出産かもしれないと言われて入院になりました。しかし、夜の20時頃には痛みが遠のいてしまいました。陣痛の規則的な痛みも5分置きに来ていたのに、まったく来なくなりました。

これではいつ生まれるか分からないということで、帰宅を勧められましたが、検査の結果、高位破水をしていることがわかり、出産することになりました。前駆陣痛には、とても振り回されて大変な経験をしました。MSさん 37歳  妊娠36週

ブチッという音の破水とピンクがおしるしから2時間出産

ブチッという音をお腹の奥の方に感じてトイレに行きました。何となく違和感があってしばらくトイレにこもっていると生理後のような色が混じったようなオリモノがあってもしかしてこれがおしるし、さっきのが破水なのかなとようやく気付くほどでした。

匂いなどは特に感じなかったです。色も赤とかではなくよくよく目を凝らして見て何か色がついているかなーくらいでした。

ただ破水が先にありましたので陣痛がつくのも本当に早く、破水とおしるしに気付いてから2時間以内の出産となりました。おしるしに気付いてから30分後には分娩台にいたのでそれ以上は陣痛で余裕がなく、私の中ではおしるしの色はほんのりピンクみたいなイメージでした。YUさん 34歳 妊娠36週

出血&子宮口が開くも・・不安な毎日

出血&子宮口が開くも・・不安な毎日

36週目に出血があり、病院を受診したところ子宮口が3センチ開いているとのことでした。しばらく様子を見て陣痛を待ちましたが陣痛は全く来ず。お腹がはっていて切迫早産気味ではあるが赤ちゃんはもう2100gを超えているし36週に入っているので点滴や入院などはせず帰宅しました。

もう産まれても大丈夫だからと言われましたが、子宮口が開いているので陣痛が来たらすぐ産まれてしまうのではないかという不安にかられる毎日で、怖くて外出も出来ずにいました。

それから一週間後また出血があったので病院に向かい、着いたところで陣痛が始まり、それから2時間後に産まれました。さすがに家の中で、とかタクシーの中でというほどではなかったにしろ、やはりスピード出産でした。     MTさん 26歳 妊娠36週

微弱陣痛が半日、その後促進剤投与後に一気に産まれました!

定期健診で、「子宮口が少し開いきているのでそろそろかもね」と医師に言われました。その直後からなんとなく生理痛のような鈍痛があり、でもまだ軽いものだったので帰宅すると、だんだんその鈍痛が定期的にくるようになりました。

しかしまだ我慢できる程度で余裕があったので、ゆっくりお風呂に入ったりしながら感覚を計ると10分間隔くらいになっていました。一応産婦人科に電話をすると「入院準備をして来て下さい」ということだったので病院に行きましたが、そこから10分間隔の生理通程度の鈍痛でなかなか進まないまま半日以上たち翌日になってしまいました。

医師から「微弱陣痛だね~」と言われ促進剤を投与することに。そうすると一気に2~3分間間隔の強い陣痛がきて、投与後2時間であっと間に産まれました。安産なのか、そうでないのかわからない出産でしたが、長かった微弱陣痛は分娩時間にはカウントされず、母子手帳には「分娩時間2時間」と書いてあります。NAさん 31歳 妊娠36週

まさか臨月に妊娠高血圧症候群に!

まさか妊娠高血圧症候群に!

36週に入り、それまでの経過も順調で、もうすぐかわいい赤ちゃんに会えるのを楽しみにしながら毎日を過ごしていました。体重の増加はやや多めだったものの、病院の先生にそれほど注意されることもありませんでした。

36週と3日目の健診も無事に終えて数日経ったころから、足がむくみ始めました。最初は、あれ?妊婦さんだから足にもお肉が付いたかな?というくらいだったのですが、次第に、あれれれ??というくらい足首のあたりがパンパンになり、靴下の跡がクッキリ!その足はまさに象の足みたいになっていました。

さすがにこれはおかしいと思い、病院へ行くと、即入院になりました。診断は妊娠高血圧症候群(以前は妊娠中毒症といっていました。)

しばらく、入院して経過観察と病院の先生に言われて、生まれてくるまで1か月くらい入院生活かな・・・と思っていたら、その日の夜中に陣痛が始まり、翌日には無事に出産することが出来ました。母子共に健康な状態で。赤ちゃんが、もうお母さんの体から出た方がいいと思ったのかな・・・。無事に生まれてきてくれてありがとう。   HRさん 29妊娠36週~

海外出産 逆子発覚と羊水が少ない事が判明し、二日後帝王切開に

第一子を妊娠し、順調に36週を迎えました。海外だったことから、保険の範囲が狭く超音波で胎内を見てもらえる機会がほとんどなかったことから、健診はお腹の上を先生が押して診る事で終わっていました。

そして健診の日、36週だという事もあり、いつもと違う先生が内診をし、子宮口が開き始めているかどうかチェックしてくれました。その時に初めて、胎児のお尻が子宮口にある、赤ちゃんは逆子だと宣告されました。

自然分娩に向け覚悟していた私はショックでした。さらに羊水が通常より少ないと言われ超音波検査をしてもらいました。そこで羊水が減少している上に逆子なので、すぐ帝王切開しましょうと言われました。

結局、その二日後に帝王切開をして無事出産しました。日本で出産していれば逆子も早期にわかり、何か手を打てたのではと残念です。二人目も結局帝王切開でした。何はともあれ、子供の命が第一なので、健康で生まれてくれたことは有り難いです。RYさん 34歳 妊娠36週

骨盤のサイズが小さく予定帝王切開に

骨盤のサイズが小さく予定帝王切開に

臨月にさしかかった妊娠36週頃、担当の産婦人科医がふと、体が小柄だから骨盤が狭いかもしれないのでレントゲンを撮ると言いました。結果、骨盤の形が開きにくく、赤ちゃんが安全に通れないことがわかり自然分娩から帝王切開へ切り替えました。

本来なら臨月には赤ちゃんがどんどん下がってきて産道も柔らかくなるのですが、私には全くその兆候が見られませんでした。もし陣痛がきて、自然分娩となれば母子ともに危険な状態になってしまうと聞いてとても怖かったです。

帝王切開は病院や先生の都合の兼ね合いで40週を過ぎてから行うことが決まり、どうかそれまで陣痛が来ませんようにと祈っていました。実際は全くお腹が痛くなることもなく当日を迎えることができました。

背中に麻酔のチューブを取り付け、出産と言うよりはほとんど手術をしているように感じました。帝王切開そのものは一時間くらいであっさりと終わりました。麻酔が効いていて痛みはありませんが、術後の麻酔が切れてからの痛みが辛かったです。KYさん  33歳 妊娠36週~