妊娠後期の腹痛について知っておきたいこと

妊娠後期の腹痛について知っておきたいこと

妊娠後期は赤ちゃんがどんどん成長し、初期・中期よりも胎動も大きく感じられるようになります。この妊娠後期に悩まされるのがお腹のはり、軽いはりならば少し休むだけでおさまる場合が多いのですが、中にはがちがちに固まってしまったり、一日に10回も20回もはりを経験する方もいるようです。

胎動による軽いお腹のはりであれば問題ありませんが、痛みや出血を伴うようになると、陣痛の可能性も出てきます。お腹がはるということは子宮が収縮していることを意味しますので、赤ちゃんに対する酸素や血液の供給が減るということになります。赤ちゃんの健康な成長のためにも、早産にならないためにも、お腹のはりや痛みには格別の注意を払わなければなりません。

妊娠後期のお腹のはりと痛みに関して知っておきたいことや対処法をまとめてみました。どれも無事に出産日を迎えるために知っておきたいことばかりなので、ぜひ参考にしてください。

PR

お腹にはりや痛みを感じる原因とは?

お腹にはりや痛みを感じる原因とは?

妊娠後期には赤ちゃんの成長の伴い、子宮がどんどん大きくなってきます。お腹にはりを感じる原因は、子宮の筋肉が収縮しようとすることにあります。子宮の筋肉はいわばゴムのようなものですので、子宮内の赤ちゃんの成長につれて伸びる一方で、もとの大きさに戻ろうとする動きも示します。

これが妊娠中のお腹のはりの大きな原因になります。他にも子宮のまわりの筋肉が動くことや、胃腸の蠕動運動により、お腹がはる感覚を覚えることがあります。

赤ちゃんの胎動によるお腹のはり

赤ちゃんの胎動によるお腹のはり

妊娠後期では赤ちゃんが成長して胎動も大きくなっていますので、赤ちゃんが動くにつれて、お腹を蹴られているような感じがします。赤ちゃんの動きにつれて、お腹のまわりの皮膚がつれるような感じがする場合もあり、これもお腹のはりや痛みの一因となります。胎動によるお腹のはりや違和感は、ほとんどの場合じっと静かにしているとおさまります。

お腹にはりを感じたら

お腹にはりを感じたら

妊娠後期にはお腹のはりがそれまでにも増して多くなります。これは子宮の収縮だけでなく、赤ちゃんが成長し、胎動が活発になることや出産を目前にしたストレスから起こることもあります。胎動によるお腹のはりは、しばらくするとおさまってきますので、お腹にはりを感じたら、とりあえず横になるなどして安静にします。

じっとしていてもお腹のはりが治らない場合や痛みが激しくなる場合、出血がある場合には、即座に産婦人科で診断してもらう必要があります。

お腹のはりのチェックの仕方

お腹のはりのチェックの仕方

お腹のはりについては個人差があり、自分のお腹のはりや痛みについて、客観的に判断できないお母さんも多いようです。どんな状態になると病院に行くべきか、いまひとつ分からないという方は、自分のお腹の状態によく気をつけておくようにしてください。

お腹がはると固くなり、場合によってはバスケットボールやバレーボール、あるいは自分の頭のような固さになり、座っても横になってもその状態が続きます。これに対してお腹がはっていない状態では、ちょうど頬の固さと同じくらいの固さと感じる方が多いようですので、お腹がはったと感じたら楽な姿勢を取り、お腹にそっと手を触れ、固さを確認してみましょう。自分の頬の固さと同程度であれば、まず問題ありません。

ひどい場合は張り止めも検討

妊娠後期になったら心がけて起きたいこと

お腹がぱんぱんに張り、痛みがある場合や、30分以上経過してもはりがおさまらない場合、たとえ痛みがなくてもお腹のはりが断続的に起こる場合には、一度産婦人科で診断してもらうようにしましょう。

産婦人科ではお腹の張りをおさえる薬を処方してくれます。これを服用すると張りが和らぐだけでなく、早産の防止としても有効といわれています。お腹のはりが辛く不安な方は定期健診の際に必ず医師にその旨伝えるようにしましょう。

赤ちゃんへの影響は?

赤ちゃんへの影響は?

お腹がはるということは子宮が収縮していることを意味します。子宮が収縮すると早産が起こりやすくなることが知られています。子宮が収縮したままでいると、中にいる赤ちゃんへの血液や酸素の運搬が滞ることもあり、最悪切迫早産という形で子宮が赤ちゃんを押し出そうとしてしまいます。このようなリスクを防止するには、日頃から自分のお腹のはりについてよく把握しておくことが大切になります。

一時間の間に5、6回以上のはりを感じる場合や、規則的にはりが起こる、痛みと痛みの間の間隔がだんだん少なくなっていく、このような場合には即刻医師に連絡するようにしましょう。

はりや違和感、痛みを感じたら安静に

妊娠後期にもなると、お腹のはりを完全に防ぐことは出来ません。胎動や姿勢により自然に起こるお腹のはりは静かにしていれば、ほとんどの場合30分以内におさまりますので、それほど神経質になる必要はありません。

ただお腹が固くがちがちになると、どんな体勢を取っても辛く感じられ、ゆったりと休息することが難しくなります。お腹にはりを感じたらまずは動き回るのをやめ、痛みが発生しないように安静にしましょう。

便秘が原因の腹痛

便秘が原因の腹痛

 

妊娠中はエストロゲン・プロゲステロンの分泌量が増加しますが、プロゲステロンには腸の動きを鈍らせる働きがあります。これらの女性ホルモンは受精卵が着床してから急激に分泌量を増すため、妊娠初期から出産までずっと便秘に悩まされる妊婦さんも多いのです。

便秘を放置すると腸を圧迫して痛みを引き起こしますが、トイレに行っても中々出ずに辛い思いをする羽目になってしまうので、食事や運動を工夫したり薬に頼るなど色々工夫してみましょう。あまりにも長い便秘は子宮をも圧迫してお腹が張る原因となってしまうので、早目の対処が大事です。

下痢が原因の腹痛

下痢が原因の腹痛

妊娠中は免疫力が下がるので、ちょっとした事でも感染症にかかりやすい傾向にあり、また、基礎代謝が上がって常に暑く感じるため、ついつい冷たいものや水分を取りすぎる事も多いです。

これらが原因で起きる吐き気や下痢は、腸が過敏に動いて差し込むような痛みが発生します。ここで気をつけなければならない事は、お腹の張りと脱水です。下痢がひどいようだと、度重なる下腹の痛みに誘発されてお腹の張りも出てくるようになります。

また吐いてしまえば体内の水分も失われてしまいますから、少しずつスポーツ飲料などで水分を補給するよう意識しましょう。辛い時は、市販の下痢止めや整腸剤は使わず、病院から処方してもらうようにしてください。

激痛や破水が起こったら

激痛や破水が起こったら

自然なはりではなく、お腹が固くぱんぱんになり、激しい痛みが断続的に襲ってくる場合は、常位胎盤早期剥離の可能性があります。常位胎盤早期剥離が起こると、胎盤がはがれてしまい、お母さんも赤ちゃんも危険な状態になります。

破水や出血をした場合も同様で、出来るだけ早急に病院に行くようにしなければなりません。

妊娠後期になったら心がけて起きたいこと

妊娠後期になったら心がけて起きたいこと

妊娠の経過が安定していて、とくに問題ない方であっても、万が一の場合に備えてどんな方法で病院に行くかなどについて、家族の方と相談しておくようにしましょう。自宅で一人でいるときに切迫早産になったりすると、慌ててしまいとっさにどうしてよいか分からなくなることもあります。

臨月が近づいたらいざというときのことを考え、出産前に用意しておくべきものなどをあらかじめ整えておくようにしましょう。

妊娠後期の過ごし方

妊娠後期の過ごし方

妊娠後期になると赤ちゃんが下に下りてくることにより、それまであまり食事が食べられなかった方も美味しく頂けるようになります。ただしいくら食欲が沸くからといってカロリーオーバーな食事をしていると、体重が増えすぎてしまい、出産後にひびいてしまいます。食事の内容に注意を払い、便秘を予防する食材を毎日の食事に取り入れるようにしましょう。

ストレスもまたお腹にはりをもたらすといわれています。とくに初産婦の方は出産を目前にし、いろいろ不安に思うことも出てくるかと思います。分からないことは早めに解決し、精神的ストレスを抱えてしまわないようにしましょう。根拠のない不安を持たないよう、陣痛や出産に関する確かな知識を得るようにし、分娩のための入院に向けて必要なものをひとつひとつ用意しておくようにしましょう。

妊娠後期の腹痛、お腹の張りの体験談

お腹の張りの痛みがわからない

お腹の張りの痛みがわからない

28週目の妊婦健診で子宮頚管が少し短くなってるねと言われ、モニター検査をすることになりました。子宮頚管?モニター?初めての妊娠だったため単語だけでは先生が何を言っているのかわからずとても不安になりました。

看護師さんに案内されるままお腹に二つの丸いものをつけられ、赤ちゃんの心拍をとるものと、お腹の張りを見るものと軽く説明を受けました。それまではお腹の張りの感覚は全くありませんでしたが、モニターが終わり結果を見ると張りが出ていると言われました。

張るという感覚が全くわからず看護師さん3人がかりで説明を受けました。子宮が硬くなる感じ、バレーボールみたいにお腹が硬くなる、キューって締め付けられる感じなどいろんな例えを用いて説明されましたがピンとこず、張り止めの薬をもらいその日は帰宅しました。

お腹が大きくなるにつれ張るという感覚はわかっていきましたが、なかなか感じ取れるまで時間がかかりました。(妊娠28週~) AYさん 22歳

石のようなおなかの硬さに!

石のようなおなかの硬さに!

お腹の張りに悩まされたのは、私の場合32週から臨月の間ずっとでした。一人目の時は自分自身初めての経験で特に張りを感じやすい状態だったように思います。歩いている時、家事をしている時など妊娠32週から臨月の間少し動くと張り、それと同時にお腹が大きい石になったかのように硬くなりました。初めてだと本当に驚きます。

後期に入るまでもお腹の張りはあったが、その硬さの衝撃は想像を絶するものでした。赤ちゃん大丈夫かな?絶対今苦しいよね?とハラハラする日々でした。
そんな時は横になり、張りが治まるのを待つのみです。そのうち、横になって安静にすれば治ることを覚えました。(妊娠32週~) KKさん 32歳

張ってきた時にお腹をさすってはいけない

張ってきた時にお腹をさすってはいけない

上の子の時も妊娠後期はお腹が張りやすかったのですが下の子の時もそうでした。買い物をしているとお腹が痛くなりました。特に無理をしたつもりはなかったのたですがちょうどその日が検診の日だったので先生に相談しました。

先生からは張ってきた時にお腹をさすってはいけないと言われました。刺激を与えると痛みが増すそうです。そして張り止めを出してもらいました。先生からは臨月に入るまでは絶対安静にと言われました。ただ2人目で上の子のお世話があったのでなかなか安静にはできませんでした。

お腹の張りは長時間歩いたり立っている時間が長いと起きることが多かったです。臨月を過ぎてからは安静にとは言われなくなったので普通に生活していましたが結局予定日より早く産まれず予定日4日過ぎに元気に産まれてきました。(妊娠27週~出産) T.Kさん 43歳

張りやすい体質、痛みがどんどん痛く

張りやすい体質、痛みがなくならずどんどん痛く

初めて妊娠したときのことです。私自身、お腹は張りやすい体質みたいでした。妊娠26週くらいから張りやすくなりましたが、お腹が大きくなるにつれて張りやすくなるものだと聞いていたので、これが普通なんだと思ってました。

29週2日目、朝からいつもと違うような下腹部痛を感じたのですが、その時も便秘で痛いのかなと思ってました。けれど夕方になっても痛みがなくならずどんどん痛くなってきて、さすがにおかしいと思い産婦人科に電話すると、すぐに来るように言われました。診察の結果、切迫早産になってました。

赤ちゃんがだいぶ下におりてきてるみたいで、その日から緊急入院になりました。先生に「なんでもっと早く連絡くれなかったのか。」と厳しい口調で言われました。結局、出産するまでずっと病院で過ごしました。少しでもお腹の張りに違和感を感じたら、すぐに病院に連絡したほうがいいです。(妊娠29週~) YNさん 29歳

触るとカチカチ ズーンという鈍い痛み

触るとカチカチ ズーンという鈍い痛み

もうすぐ妊娠7か月という時期によくお腹が張っていました。妊娠後期でお腹が張るのはあまり良くないということで、健診の際は内診もよく行っていました。切迫早産ではないか、赤ちゃんに異常はないかというのを確認していました。

とにかく、毎日2~3時間に一度お腹が内側からピーンと引っ張られているような感覚が襲い、触るとカチカチになっていました。それが約20分程続きまた元に戻るというサイクルでした。張っているときは他の作業に集中出来なくなるほど痛かったです。

チクチクという痛みとズーンという鈍い痛みの間のような痛みとでも言いましょうか。一気にお腹の重みも増すような気がして、お腹の中にいるのは赤ちゃんじゃないんじゃないか、岩でも入ってるんじゃないだろうかと思うほどお腹が固くなりました。結果、子供は無事正期産でした。(妊娠7ヶ月) AYさん 27歳

お腹の張りや痛みはよくあることだから?

お腹の張りや痛みなんてよくあることだから

三人目の妊娠中のことです。お腹の張りなんてよくあることだから、気楽に考えていました。
次男が入院になり付き添いでつかないといけなかったので、お腹の張りや痛みなど関係なく、私も付き添い入院をし退院した日の夜、トイレに行くと少し出血をしていました。

出産にはまだ早いし慌てて病院へ連絡すると、すぐ来るように指示をされ、診察してもらうと切迫早産のため今度は私が入院指示をされました。
しかし、上の子2人おいて入院はきついので、先生に相談すると、薬を最大の量で飲み自宅で絶対安静できるならと許可がでました。

仕事も当然できないため、早めの産休に入らせてもらい、家事もできないので義両親が子供達のご飯を作ってくれたり、主人が送り迎えしてくれたりとすごく支えてもらったおかげでなんとか正期産までもち、出産を迎えることができました。
今考えるともう少し張りに敏感になり対応するべきだと思いました。 そして、周りの支えがあってこその出産だったので感謝でいっぱいです。(妊娠30週~) AAさん 27歳

鋭い痛み緊急入院 はり止めの点滴で動悸

鋭い痛み緊急入院 はり止めの点滴で動悸が・・

34週に入り、検診当時からはりが気になるので安静にするようにと産婦人科のドクターから指示を受けていたのですが、その日の夜中3時に鈍痛から鋭い痛みに変わった腹痛に冷や汗をかいている私は、どうにも耐えきれずに病院へ駆け込みました。

赤ちゃんには異常はないようですが、はりが酷いためそのまま緊急入院となり、急いではり止めの点滴を打つことになりました。その点滴は動悸が現れると聞いたとおり、ものすごく動悸がして気持ち悪くなり、トイレで隠ること一時間。ようやく気分が治まり、その日から出産まで一ヶ月ずっと点滴をしたままの生活が続きました。

出産は普通に出来たので、この一ヶ月はゆったりするための長い休息をプレゼントしてくれたのだと思います。(妊娠34週) G.Uさん 27歳

張りがひどく 妊娠中はずっと薬漬けに

お腹のはりがひどく 妊娠中はずっと薬漬けに

私は二人出産してますが、体質的にお腹が張りやすく定期検診に行く度、張り止めの薬を処方されてました。 一人目の時は悪阻が酷く、お腹も頻繁に張ったため入院を言い渡されたほどでした。 二人目の時は悪阻は無く、お腹が張るのみでしたが、一人目の育児をしながら張りと仲良くお付き合いをしてました。

私が張ったときに気をつけていた事は無理をしないことでした。お腹が張ると言うことは、お腹の赤ちゃんが苦しんでいる証拠です。
せっかく私のところに来てくれた赤ちゃんを苦しませたくない。そんな思いで私はお買い物に出ているときでも、一人目と遊んでいるときでも、運転中でも、いったん作業と中止して横になって赤ちゃんに話しかけながらお腹を撫でてました。すると赤ちゃんも応えるかのように自然と張りも収まり元気に胎動で大丈夫だよと返事をしてくれます。

妊娠期間ずっと薬漬けだった私は、好きなことも制限され、食べたいものも我慢し、お洒落なヒールを履くことも許されず、毎日張りからくる痛みと戦いいつまで続くんだろう、と卑屈になってた時期がありました。でも赤ちゃんはそんな時でも一生懸命お腹で生きています。これから生まれる可愛い赤ちゃんの為に頑張ろう。そう思うようにすると自然と我慢や制限が苦にならず、張りとも仲良く付き合っていけるようになりました。

今お腹の張りに悩まされている妊婦のみなさまには、将来自分の事を母と呼んでくれる可愛い我が子にきっと出会い喜びに包まれると思います。 その時を夢見て頑張ってください。(妊娠中) ROさん 23歳

張り止めの薬に慣れるまで地獄

張り止めの薬に慣れるまで地獄

妊娠8ヶ月頃から「最近なんかお腹が痛いなー・・」と思っていました。しかし、初めての妊娠でお腹の張りがどんなものかいまいち分からず、便秘が原因だろうと思っていました。また、ネットで調べてもピンとくる症状がなかったので、日課にしていた妊婦体操、1時間のウォーキング、スクワットを行っていました。思う様に身体が動かなかったのですが、お腹が大きくなってきているからかなっと思っていました。

30週の検診で、先生に「お腹すごい張ってるね!いつもこんな感じなの?」と言われ、初めてこれがお腹の張りだということがわかりました。今思えば、1日に10回以上お腹が張っていました。部屋が空いていたら入院レベルと言われ、入院は嫌だし、専業主婦でいつでもしんどくなったら休憩できるので、と言って薬を処方してもらいました。
薬をもらった時に、「どんなにしんどくても飲まないと、入院してもそれが点滴になるだけだから。」と言われ、そんなに脅さなくても・・と思い、家に帰って処方された薬を飲みましたが、初めはびっくりしました。薬を飲んで30分後、急に動機が激しくなり、座っているのも辛くなります。また、手が震える感じがして(傍から見たらよくわら、からないそうです)、力が入りません。30分~1時間は横にならないとしんどかったです。

旦那も吐きづわりの様な目に見えてしんどいというのがわかる時は、すごく心配してくれていまのですが、お腹が張るっていう感覚がよくわからないみたいで、そんなに心配されずなかなか辛かったです。1週間くらいすれば薬に慣れてくるのですが、始めは薬をためらった時もありました。

お腹が痛いなー・・と思った時にお腹を軽く指で押してみて、押せないくらい堅かったら、お腹の張りですので、張ってる時は無理をせず横になれる時は横になることをお勧めします。個人差あると思いますが、張り止めの薬本当に辛いです。(妊娠30週~) TEさん 25歳

まとめ

お腹のはりは妊娠後期には付き物、子宮の筋肉の収縮によるものや、赤ちゃんの胎動から生じるものであれば、ほとんどの場合しばらく休むとおさまってきます。ただしお腹のはりには度合いがあり、痛みがひどいとき、出血を伴うとき、規則的なリズムでお腹にはりを感じるときなどは、早急に病院で診断してもらう必要があります。

お腹のはりの感じ方は一人一人違っています。臨月も近くなると、前駆陣痛の起こる可能性もありますので、自分の普段の状態によく注意を払い、いつもと違うはりや痛みを感じたときに即座に対処できるようにしておきましょう。

PR