妊婦の体重管理について知っておきたいこと

体重の急激な増加に警告!妊婦が知るべき14の体重管理方法

女性の身体は妊娠すると、胎盤や子供の成長のために食欲が増えていきます。確かに、身体がどんどんと変わっていく時期ですから、栄養は必要です。

しかし、だからといって食欲のままにどんどんと食べ続けていくと、体重は右上がりで増加してしまいます。育児の発育や出産の負担にもつながりますので、きちんと体重管理をしていきましょう。

PR

体重管理のスタートは妊娠5ヶ月目から

体重管理のスタートは妊娠5ヶ月目から

お母さんの妊娠前の体型に違いがあっても、胎盤が完成するまでは胎児の成長具合は全て同じと言うのをご存知ですか?

成長に差が出てくるのは妊娠4ヶ月の終わりから5ヶ月ごろで、胎盤が完成してお母さんが摂取した栄養分が胎児に送られ始める時期です。妊娠状態を維持するプロゲステロンが多量に分泌されているのに加え、つわりの時期も終わるため急に食欲が増して、この時期から体重がぐっと増えてしまう方も少なくありません。

妊娠5ヶ月から出産までに胎児の体重は3倍以上、羊水や血液量は1.5倍に増えるので、今体重を増やしてしまうといくらこれから体重管理を頑張ったとしても良い結果が出ないので、なるべく始めのこの時期から体重管理を始めるべきです。

妊婦の仕事は体重管理!

妊婦の仕事は体重管理!

体重が急激に増加しないよう、きちんと体重管理を行うことは妊婦にとって大切な仕事のひとつです。食欲が増える時期だし、子供のためにとついつい多めに食事を食べている方は要注意。そのまま食べ続けていると、脂肪だらけの身体になってしまいます。

食事の量は1.5人分

食事の量は1.5人分

子供のためにもしっかりと栄養をつけないといけないから、2人分ちゃんと食べないと!と大盛りご飯を3食食べる方がいらっしゃいます。周囲も、口癖のように2人分食べなさいと薦めてくるでしょう。

しかし、実際に2人分ものカロリーを摂取するのは明らかなカロリーオーバーになります。体重の増加だけでなく、体脂肪も増加してしまうでしょう。目安にしたいのは1.5人分。いつもより少し多め程度が理想的な量です。

実際にどれくらい食べていいの?

実際にどれくらい食べていいの?

妊婦にとって、適量は1.5人分の食事です。では、実際にはどれくらいの量に匹敵するのでしょうか。カロリーの目安としては、1日のうち約300~350kcalをプラスすると、急激な体重増加にはつながりません。

食事に追加するなら、ご飯1膳分なので、3食お米をいただくという方は、普通盛りより気持ち大盛りという程度です。間食にバナナ1本追加、キウイやみかんを1個プラスするくらいがちょうど良いでしょう。

体重増加には理由がある

体重増加には理由がある

妊婦の身体は、栄養を確保しようとする働きが強まるため、通常よりも太りやすくなります。このため、いつもと同じ量を食べていても体重が増加しやすくなるのです。

しかし、体重管理を徹底しようと食事の量を減らすのは避けましょう。妊娠中は、良質の栄養をしっかりとっておかなければ、子供の発育にも影響してきます。大切なのは、量より質と心得え、バランスの良い食事を意識するようにしましょう。

妊婦は皮下脂肪が付きやすい

妊婦は皮下脂肪が付きやすい

本格的に胎児の身体が成長する妊娠7ヶ月頃になると、エネルギーを得る為多くの糖質を必要とします。その成長をサポートする為に、お母さんの身体はお母さんが摂った糖質を全て胎児へと送るように身体のシステムを変えてゆきます。

お母さんは糖質の代わりに脂肪からエネルギーを得るようになるため、お母さんの身体には多くの皮下脂肪が必要となるのです。皮下脂肪は妊娠中期から臨月にかけて、お母さんの生命活動を支えるために無くてはならないものなので、ある程度は必要である事を覚えておきましょう。

体重が増えるとどうなる?

体重が増えるとどうなる?

妊婦にとって体重管理は必要な仕事のひとつです。しかし身体が栄養を蓄えようとするわけですから、体重が増加するのは悪いことではないように思います。

確かに、羊水や胎盤の発育、胎児の成長により、徐々に体重は増加していくのは当たり前のことです。ただ、短期間で一気に体重が増加するとお腹周りや産道に脂肪がつくため、出産が辛くなります。

また、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)や、妊娠糖尿病などを発症する恐れもあるため、体重の急激な増加は避けるべきなのです。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の影響

妊娠中毒症の影響

急激な体重の増加は、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)を招いてしまいます。妊娠中毒症とは、高血圧になったり、蛋白尿が出てしまったり、もしくは脚を中心にパンパンにむくんでしまうことをさします。

この状態が長引くと、胎盤そのものの働きを弱めてしまうため、胎児が育ちにくくなってしまうのです。

妊娠糖尿病の影響

妊娠糖尿病の影響

妊娠糖尿病とは、食べ過ぎによる体重の増加とともに、血糖値が上昇してしまうことをさします。血糖値が上がり続けたままの状態が長引けば、体脂肪はどんどんと増加し、妊婦の身体も大きくなります。

ただ、妊娠糖尿病の怖いところは、妊婦の身体だけでなく胎児の身体も大きくさせてしまうという点です。大きすぎると胎児が産道を通れなくなるため、帝王切開を余儀なくされます。

また、胎児の身体だけがどんどんと大きくなると、内蔵の発育が遅れてしまうため、身体の弱い赤ちゃんとなる可能性もあるのです。

体重増加と腰痛の関係

体重増加と腰痛の関係

体重管理を徹底できず、どんどんと体重が増加してしまうと腰痛を引き起こしてしまうことがあります。もともと、妊婦は腰痛を感じやすいと言われていますが、これはホルモンの影響により骨盤周りの靭帯が緩んでしまうからです。

ただ、骨盤周りの靭帯が緩んだ上に、増加した体重分の脂肪が上乗せされると、途端に腰痛は悪化してしまいます。ギックリ腰のような状態が長引、歩行も辛いという事態を引き起こしてしまうでしょう。

また、腰痛を発症させると動くことが辛くなるため、横になりじっと座っている時間が増えてしまい、脂肪の燃焼率が下がってしまいます。そうなると、体重増加と腰痛を繰り返す悪循環に陥ってしまうので注意しましょう。

次の妊娠に悪影響が出る可能性も

次の妊娠に悪影響が出る可能性も

妊娠中に体重が増えすぎてしまい産後もその皮下脂肪が残ったままだと、次の妊娠にも影響を与える可能性が出てきます。

女性ホルモンの中で排卵を促す働きをするホルモンはコレステロールで作られるのですが、そのコレステロール量が多くなるとホルモンバランスが崩れて排卵の働きが乱れてしまい、産後の生理再開が遅くなったり排卵周期が中々一定に戻らないというケースに陥る事が少なくありません。

特に第一子と第二子の年齢差を少なくしたいと考えているカップルは、産後の体調を早く通常に戻して次の妊娠に繋げるためにも、今の妊娠中から体重を増やしすぎないようにしたいものです。

難産になる可能性が高い

難産になる可能性が高い

体重管理を病院で厳しく言われるのは、ひとえに難産になる可能性が高いからです。

分娩時に胎児を押し出す力が弱まって陣痛が長く続き、お母さんは出血量が増えて体力を消耗してしまい、赤ちゃんは酸欠になって障害が残る可能性がでてしまうので、何十時間も頑張った挙句帝王切開に切り替えるケースも出てしまいます。

そうすると平均的な分娩時間で出産した妊婦よりも産後の体力回復に長い時間がかかって、赤ちゃんに初乳をあげられなかったり最初の親子の時間を持てなかったりと、体重が増えすぎてしまった場合は妊娠中だけでなく産後に渡ってまでデメリットが続きます。産後の生活を赤ちゃんと一緒にスムーズに始めたいのならば、妊娠中の体重管理は必須です。

体重増加のスピードについて

体重増加のスピードについて

妊婦の身体は、月日を重ねるにつれて自然に体重が増加していきます。年齢やBMI値にもよりますが、標準的な身体なら、10ヶ月の間に7~10kgまでの増加に留めておきましょう。

だからといって、短期間で一気に3kg増加するのはよくありません。増加のスピードは、早すぎると妊婦の身体や胎児に影響しますので、1週間に500g以上増加するようならブレーキをかけましょう。

体重増加の割合

妊婦の身体は少しずつ体重が増加していきますが、太っているのか子供の成長の影響なのかわからないという方も多いでしょう。そこで、目安にしていただきたいのが割合です。

例えば、平均的な赤ちゃんの体重は3kg前後です。これを基準に、羊水と胎盤の1kg、妊婦の身体に蓄えられる血液や水分の2kgを加えましょう。すると、赤ちゃんの影響による体重増加は、6kg前後となります。

体重増加が10kgだったという方は、4kgが妊婦の脂肪というわけです。これはあくまでも目安ですが、ひとつの基準に体重管理を徹底していきましょう。

妊婦の体重管理の難しさ

妊婦の体重管理の難しさ

体重管理すべきといっても、妊婦の身体は通常のときと違います。つわりがひどく、食生活が不規則になり、食べられるものが制限されて栄養が偏ることもあるでしょう。

だからこそ、体重管理は難しい面がありますが、放置しておくと体重はどんどん増加し良い影響をひとつも与えません。簡単な方法で構いませんので、まずは1日のうち何を食べているか把握できるようにしておきましょう。

メモや写メを活用

メモや写メを活用

妊婦が体重管理を徹底するためには、食べているものを把握する必要があります。食べたときには必ずメモをするのが理想的ですが、スマートフォンの写メを活用するのもひとつの方法です。

1日に食べたものを写真で把握することができますし、アプリを活用すればカロリー計算も簡単に行えます。自分が続けやすい記録方法を選ぶことで、無理なく体重管理をできるようにしましょう。

無理なダイエットは禁物

無理なダイエットは禁物

妊婦にとって体重管理することは大切です。しかし、あまりにも神経質になると妊婦生活そのものが辛くなってしまいます。体重が増加してしまったと、慌てて食事制限をし、無理に運動することは避けましょう。

1人で体重管理を行おうとすると辛くなりますので、妊婦仲間や家族など周りの人たちに協力してもらいながら行うようにしましょう。会話をしながら楽しく食べることこそ、食べ過ぎ防止につながります。

妊婦に必要な栄養素

妊婦に必要な栄養素

妊婦にとって、摂るべき栄養はたくさんあります。しかし、体重管理も継続していかなくてはなりません。そんなとき、頼りになるのが豆類や野菜類です。豆類には良質のたんぱく質が豊富に含まれているので、カロリーを抑えながら良質の栄養を摂取することができます。

また野菜にはミネラルやビタミンが豊富に含まれていますし、食物繊維もたっぷりあります。特に妊娠初期の頃は、葉酸の栄養素が必要になりますので、野菜をたっぷり食べるように心がけましょう。

豆や野菜を中心としたメニューにすれば、体重の急激な増加は防げますし、体重管理もしやすくなるのでオススメです。

毎日の運動を習慣にしましょう

毎日の運動を習慣にしましょう

お母さんが食べる食事は胎児の成長に直結するため、いくら体重管理が大変でも食事のカロリーを減らす事はできません。摂取エネルギー量が変えられないのならば、筋肉を動かしてどんどん消費エネルギーを増やすしかないのです。

妊娠中は、無理なく30分~1時間続けられる有酸素運動が消費エネルギーを増やす為には一番。また筋肉を動かして筋肉量が減るのを抑えて柔軟性をつけておけば、分娩も比較的短時間ですみ産後の体力回復も早いなど、妊娠中から産後にいたるまで多くのメリットが挙げられます。

ぜひ運動やストレッチを毎日の習慣にしてください。ただし体重を減らす目的でハードな運動を行うのはNG。

妊娠体重管理の体験談

増えたのは当たり前?「そんなに食べてないんですけど・・・」

増えたのは当たり前?「そんなに食べてないんですけど・・・」

35歳で初めての妊娠。 妊婦雑誌の情報や、親戚や友だちから聞いていて妊娠中の体重増加には気を付けた方がいいことは知っていたので、妊娠後は体重が急激に増えないように気を付ける毎日でした。
妊娠初期はつわりで気持ち悪くなることも手伝って、朝昼晩の食事量も減り間食もあまりしなくなり、特に運動しなくても体重管理は完璧でした。

妊娠5か月に入ったころつわりも治まり、妊娠前と変わらない食事ができるようになりました。体重のこともずっと気にしていたので、食事量は急激に増やさないように意識しました。しかしこのころから無性にお菓子やパンなどの間食がしたくなりました。 朝昼晩の食事の量を気を付けているから、少しくらい間食しても大丈夫かな・・・という油断がダメでした。
妊娠21週の検診で、体重が1か月に2.5kg増加!

看護師さんに、『体重増えすぎです。何か心当たりありますか?1か月に1キロまでにしてください。』とおしかりを受けました。 『そんなに食べてはいないんですけど・・・』とごまかしたものの、やはり間食の多さが体重増加に繋がったんだなと反省しました。
それからは朝昼晩の食事は多すぎず少なすぎずしっかり食べて、間食はできるだけ控えました。そして、毎日30分のウォーキングとマタニティスイミングも始めました。すると、それ以降体重管理がうまくいき、看護師さんから指摘されることもなくなりました。
妊娠したから赤ちゃんの分までたくさん食べないといけない、というのは昔のこと。量もほどほどに、無理のないように運動もして急激な体重増加を防ぐことが、母子ともに安全に出産することに繋がるのです。妊娠21週の出来事 もんきちさん 36歳

体重管理できないけど 大丈夫?大丈夫?

まだまだ大丈夫?大丈夫?

「まだまだ大丈夫だよ」と先生に言われて妊娠30週。
個人的にもともと太っていた上に妊娠前+10kgなのに大丈夫なのか?!と思っていたところにこのお言葉。
妊婦仲間の友人は「太りすぎて先生に怒られた~」なんて言ってたけれど一向にそんなこと言われる気配もなく一方に増え続ける私の体重。
結局出産前には+14kgというとても重い体になってしまったのですがそのころにも「まだまだ大丈夫」と言っていた担当の先生。
先生いわく、「太りすぎも良くないと思うけれどそれを気にしてダイエットしたりストレスに思うのはもっと良くないからね。」とのこと。
でもいったい何キロまでは大丈夫だったのかは謎です。(妊娠30週) まいまいさん 29歳

増えすぎに悩むと思っていたら…増えない体重

体重が増えすぎに悩むと思っていたら…

出産経験のある友人は、みんな口を揃えて「体重が増えすぎて、お医者さんに注意されてて大変だよ」と言っていたので、私もきっと食事制限をしなければいけないと思っていました。
でも実際にはその逆で、24週の健診で「体重の増えが足りないから、頑張ってもっと食べるようにして」と言われてしまい驚きました。
何でも食べればいいわけではなく、カフェインダメ、糖分ダメ、塩分ダメ…と、内容に気を付けながらたくさん食べないといけなかったので、普通なら嬉しいところですが意外につらかったです。
結局、毎日ノルマのように間食でおにぎりを食べ、なんとか標準の体重に追いつくことができました。(24週)ゆきえ 31歳

急な体重増加で入院を勧められた結果

急な体重増加で入院を勧められた結果

20週検診の時に、入院を勧められました。4週間で8kgほど太ってしまったからです。ダメだとわかっていても食べてしまう日々が続いていました。いわゆるマタニティブルーな状態になっていたのだと思いますが、とにかくストレスがひどかったです。そこで、このままでは赤ちゃんが危険だということで先生の勧めもあり、入院することに。

しかし、これがとても良かったです。やはり病院ですからしっかり食事管理がされているというだけではなく、大きな病院だったので同じような妊婦さんも多かったんです。周りを見て自分の姿を改めることができたのはとても大きかったと思います。(妊娠20週) みささん 29歳

栄養指導を受けて むくみも!

こんな生活を続けていたら大変なことに!

二人目の妊娠だったのですが、つわりもなく順調に子どもは育っていたのですが、つわりがないせいか食欲が落ちる事もなく、食べたい物を食べ続けていたら、 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)と診断され、入院を余儀なくされました。

定期健診はきちんと通院していて、体重の増加を指摘はされていたのですが、むくみなどは無かったので、指導のみだったのですが、妊娠中期からはむくみも指摘され、栄養指導を受けて、塩分やカロリー計算など病院内で別途の部屋で栄養士さんから指導を受けました。

家にいると、なんだかんだで結局普通に食べてしまい、長男が生まれたのは2月で妊娠中のテレビでの番組は美味しいラーメン特集などの、よだれが出そうなグルメ番組ばかりで少し位ならいいかもなんて、私を含めて周りの人間も妊娠中毒症の恐ろしさを知らないので、私が食べていても「きっと子どもが欲しがっているんだ」などとお気楽気分でした。

結局、むくみが出てきて入院でした。退院後は体重増加を防ぐ為に、1週間に一度の検診で、むくみと体重測定をしました。塩分を取り過ぎというのは非常に妊婦には悪影響が多いので、お医者様からも栄養士さんからも、徹底的に指導されました。
とにかく味の無いようなはっきり言って栄養はあるが、美味しくない物を食べなければいけないと解釈し、時期はなべの季節でしたので、油を殆ど使わず、野菜中心の鍋で食生活を送っていたところ、人間の体は正直で意識して生活していると、すぐに効果が表れました。

かなり太っていたのですが、体重管理の食生活を始めてからは、妊娠前とさほど変わらぬ体重となりました。
むくみも取れて、お医者様はこの調子で出産を迎えて欲しいと釘をさされ、生んだ後は思い切り食べるぞーと思いながら、妊婦の間はつつましい食生活を送りました。

私自身はどうも妊娠すると腎臓の機能が低下する体質のようで長女の妊娠時も入院まではいかなかったのですが、同じような体重増加がありました。長女出産後は出産太りで5㎏位体重増でしたが、そのまま長男出産後はまたまた、食べられなかった反動で5㎏増で、結局、妊娠する前と比べると10㎏も増えてしまいました。

子どももある程度成長した10年後に働いていた会社の健康診断でメタボと生活習慣病で糖尿病の疑いと診断されました。子どもの為には我慢できましたが、自分の為には我慢できなかった事に後悔あとに立たずです。(25週) 月子さん 38歳

まとめ

妊婦の体重管理についてご紹介しました。急激な体重増加を防いで、健やかな赤ちゃんを育めるようがんばりましょう!

PR