妊娠している状態で仕事をいつまで続ける?

妊娠が発覚して、嬉しい気持ちの反面、仕事はどうしよう?と不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。仕事をしている女性にとって、妊娠は大きなターニングポイントになります。

妊娠している身体でいつまで仕事を続けていけるのかは、人それぞれ違いがありますが、どのようなポイントを目安にすればよいのか、詳しくご紹介していきましょう。

PR

体調により休職時期が変化

まずは体調

仕事をしている立場で妊娠した場合、まずは体調がどのような状態になっているか把握しておく必要があります。

体調に問題がなければ仕事を無理なく続けていくことができますが、つわりがひどく、まともに働けない状態なら在籍していることでかえって会社の負担になることも考えられます。無理をすると身体に負担が大きくかかってしまいますので、体調を最優先するようにしてください。

つわりの波の把握がポイント

つわりの波

妊娠している時に現れるつわりの症状は、妊娠初期に現れることがほとんどです。稀に、妊娠中ずっとつわりが続く妊婦の方もいらっしゃいますが、ほぼ初期の時期に治まると考えて良いでしょう。ただ、人によりつわりの現れ方には個人差があります。

また体調に波がある人もいれば、ずっと同じ状態が続く人もいるなど、人それぞれです。つわりの波をある程度把握できれば、仕事もうまく続けていけますが、難しい場合は休職や退職を検討するのが良いかもしれません。

妊婦の体調に周囲の理解が必要

周囲の理解

妊娠していて、ある程度つわりがあるものの、なんとか続けていけるという状態であっても、周囲の理解がなければ働き続けることは困難になります。

上司が妊娠にあまり協力的ではなかったり、男性ばかりの会社だったりすると、肩身の狭い思いを強いられることになるでしょう。妊娠中は気持ちにも波が生じやすいですから、メンタル面で不安が強まらないようにしましょう。

仕事内容で休職時期が変化

仕事内容で休職時期が変化

妊娠してもギリギリまで頑張って仕事を続けたいと思う方もいますが、その希望が叶うかどうかはお母さんの体調にかかっている、と言ってよいでしょう。

特に一日の多くを通勤・仕事に費やしますから、仕事の内容次第では続けたい気持ちがあっても母体や胎児に悪影響が出る事も考えられます。オフィスワークならまだしも、例えば店員・美容師など終日立ち仕事をする職業は、貧血やむくみが酷くなったりお腹も張りやすくなります。

また、子供と一緒にいる仕事や夜勤のある仕事は、通常感じる妊娠中の疲れを倍増させる原因にもなりかねません。それから正社員なのかパートなのかによって仕事内容や働く時間が異なりますから、それらのポイントを良く考えましょう。

多胎妊娠の場合は

多胎妊娠の場合は

多胎妊娠の方が仕事を続けるには、中々難しいものがあるようです。多胎妊娠は安定期が無いと言われるように、ちょっと買い物をしたり物を運んだだけでもお腹の張りが強くなったり子宮口が緩みやすくなります。

母体と胎児の成長を考慮して妊娠30週には管理入院を勧められるほど、お母さんの体調によってお腹の赤ちゃん達の状態が左右されやすいのです。多胎妊娠だと発覚した場合はなるべく早く上司に相談して、仕事内容や環境を配慮してもらいましょう。

多胎妊娠の産休は14週前から取得できますが、お腹の重さで14週前に調子が悪くなって入院する事も考えられます。仕事に支障が出ないよう、周りへの気配りや引継ぎを普段からしっかり行いましょう。

妊婦に与えられた権利

妊婦に与えられた権利

仕事をしている女性が妊娠した場合、さまざまな権利が保証されていることをご存知でしょうか。例えば、出産予定日の6週前産休を取ることができます。多胎妊娠の場合は14週前から産休手続きが可能です。

出産予定日ギリギリまで働きたい場合は、仕事を続けることはできますが、産後8週間は必ず仕事を休んで産休をとることが義務付けられています。

通院にも保証があります

通院にも保証があります

仕事をしていて、妊娠した場合保証されるのは、出産前後だけに限ったわけではありません。通勤の条件を緩和してもらったり、仕事の負担を軽減してもらったりする権利もあります。また、通院休暇も取れるようになっているので安心です。

通院休暇は、妊娠23週目までは4週間に1回、妊娠24週~35週目までは2週間に1回、妊娠36週~出産予定日までは1週間に1回のペースで認められています。これらは男女雇用機会均等法や、労働基準法で定められているものです。

不当な扱いを受けた場合は、専門機関へ相談し、適切に処置してもらうようにしましょう。

しかし産休の前例があるかどうか?

女性が妊娠して仕事を続けた場合、出産前の6週間と出産後の8週間は休む事が出来ると労働基準法で定められて、また子供が満1歳になるまで取得できる育児休暇制度がある企業も4割にのぼり、取得者は8割を超えます。

ただ、育休制度があるのは大企業のみで、中小企業では女性労働者の権利である産休すら取れない事も珍しくありません。一説には産休・育休取得率が高いのは、取れない妊婦は退職してしまい数字に反映されないから、と言われています。

出産後も同じ会社で仕事を続けたい場合は、その会社でこれまで産休を取った事がある女性がいるかどうかを調べましょう。制度があっても適用されない事が多いですが、産休・育休の前例があれば自分が取得できる可能性も高くなります。

産後に復帰しやすい環境にあるか

産後に復帰しやすい環境にあるか

産休・育休を取得した方で、大体の方は元の仕事に復帰するのですが、

1割強の方は休暇を取得してもそのまま退職してしまうのですが、子供を預けられる施設が満員だった・取得者が仕事に復帰できる状態ではない、と言った理由の他に、休みを取っている間に代わりの人を自分のポジションに入れてしまい職場復帰しても席が無い、というケースもいくつか見られます。

産休・育休取得者には給与支払い義務がないのが、このような事情になってしまう一因なのかもしれません。会社に産休・育休を取った方がいるのなら、話を聞いて復帰後の環境をイメージしてみるのも、いつまで仕事を続けられるかの指標となるでしょう。

決めるのは自分次第

決めるのは自分次第

妊娠すると、体調の管理と仕事、家事の両立で精神的にも肉体的にも負担は確実に増えます。また、初めての妊娠の場合、わからないことだらけなので、強くストレスを感じることもあるでしょう。

仕事を続けるべきか、続けないべきかは、会社が決めるのではなく、あなた自身が決めるべきです。気持ちに余裕がないと感じるのであれば、仕事から離れるのはベストな選択だと言えます。

無理は切迫流産の危険性

切迫流産の危険性

体調不良をごまかしながら、無理をして仕事をしていると、切迫流産を引き起こす可能性があります。切迫流産は身体に大きな負担が生じている緊急事態ですので、絶対安静が原則です。

不正出血や急な腹痛などが生じるケースが多く、無理をして仕事を続ける女性ほど現れやすい傾向にあります。切迫流産の状態でありながら、無理を続けてしまうと本当に流産してしまいますので、絶対安静を守るようにしてください。

安定期に入れば大丈夫?

つわり症状は妊娠初期に現れるもので、安定期に入れば気持ちが悪くなったりすることはほぼなくなっていきます。また、初期流産の不安もほぼないと言えるでしょう。

ただ、安定期だからといって妊娠前と同じように働けるというわけではありません。無理をして働けば、安定期であっても切迫流産してしまう可能性があります。あくまで妊娠しているということを前提に、無理をしない程度に仕事をするのが賢明です。

妊娠9ヶ月まで勤務した事例も

妊娠9ヶ月まで勤務

妊娠している女性の中には、つわりの症状も軽く、無理なく仕事を続けられている人もたくさんいます。そして、臨月に近い妊娠9ヶ月目まで働いている妊婦もいるのです。基本的に体調が良く、精神的にも無理のない状態であればギリギリまで仕事を続けることはできます。

中には出産予定日の1週間前まで仕事をしていたという強者もいるようです。この頃になると、お腹はかなり大きくなっていますので、動くのにも一苦労します。妊娠後期には妊娠高血圧症候群の危険性が絡んでくるため、仕事の引継ぎはできるだけ早めに行っておくようにしましょう。

医師の判断に従おう

医師の判断に従おう

仕事が大好きで、妊娠していてもギリギリまで働いていたいというタイプの人は、少し無理をしてしまう傾向があります。仕事が大好きなことが災いし、身体の微妙な変化に気づけないことがあるからです。

医師から「最近不調が続いているから仕事のペースを落としてください」と言われているのに、それを無視して仕事をバリバリしてしまっては、切迫流産を引き起こしてしまう可能性があります。専門家である意志が「安静にしてください」「仕事のペースを落としてください」というのであれば、従うべきです。

それが母体にとっても赤ちゃんにとっても安全な選択だと言えます。仕事を続けるべきかどうか悩んだ時は、自分の体調がどのような状態にあるのか、医師に相談してから決めてみるのも良いでしょう。

仕事を辞めるのは悪いことではない

今まで仕事を続けた人にとって、急に妊娠し、仕事を辞めざるを得ない状況に辛さを感じることもあるでしょう。しかし、仕事を辞めることは決して悪いことばかりではないのです。まず、第一に仕事は誰かが欠けても必ず回っていくものであることを心得ておきましょう。

今は人手が足りなくても、必ず代わりの人がカバーしてくれるはずです。しかし、赤ちゃんにとってお母さんの身体はひとつしかありません。代わりのきかないことですので、最優先のこととして考えるようにしましょう。

妊娠ライフを楽しもう!

妊娠ライフを楽しもう!

仕事をいつまで続けるかを決め、退職したらあとは妊娠ライフを存分に楽しむだけです。夫婦2人の時間は赤ちゃんが生まれれば、ほとんど過ごせなくなってしまいますので、今のうちにいろんな場所に出かけたり、夫婦水入らずの時間を楽しんだりするようにしましょう。

また、お母さんにとっては1人の時間も貴重なものになります。出産すると子育てで自分の時間は当分持てなくなってしまいますので、今のうちに存分に味わうようにしておいてください。

映画館に行ったり、美術館を巡ったり、赤ちゃんと一緒ではなかなか行けない場所に訪れておくのも良いでしょう。これは、仕事を辞めたからこそ味わうことができる時間と言えます。

まとめ

妊娠した場合、仕事をいつまで続けるかについてご紹介しました。体調や立場など人それぞれ条件は異なりますが、最終的に決めるのはお母さん自身です。自分の身体と赤ちゃんのことを最優先に考えていれば、どのような選択肢も正解になります。自分らしい時間を過ごすためにも、仕事と身体と赤ちゃんについて、正面から向き合ってみてくださいね。

妊娠と仕事の体験談 いつまで働いた?

仕事は順調だったのに、入院になって引継ぎが・・

仕事は順調だったのに、入院になって引継ぎが・・

1人目の妊娠中、悪阻もなく、体調不良などもなく、仕事も妊娠する前と変わらずしていました。職場は子どもがいる人も多かったのもあり、みんな極力無理はするなと言ってくれていましたし、午後から仕事を休んで産婦人科に健診に行ったりもできる環境でした。

しかし、退職まであと1週間というある日、夜中に突然腰が痛くて眠れない状態になりました。なんとか朝まで我慢をし、診察開始時間に合わせて産婦人科に行きました。先生が診察してすぐ、「子宮口が1センチ開いているから入院」と言われ、何を言っているのか分からないまま入院となりました。

その後は、臨月に入る日まで1か月ほど入院。結局仕事の引継ぎも全然しないまま退職になり、職場の人たちには相当迷惑をかけたと思います。入院になった原因は分かりませんでしたが、無理をしていないつもりでも無意識に頑張ってしまっていたのかもしれません。もっと、妊婦だという自覚をもって生活するべきだったと、あとから反省しました。(妊娠27週) S.Aさん 23歳

嫌な顔をされたが、産休まで仕事を・・

赤ちゃんを守れるのは自分しかいない

ブライダルの仕事をしていた私は29週まで働かせていただきました。 平日はデスクワーク週末は一日立ち仕事で食事もとることができない環境でした。妊婦には厳しい環境でしたが、同時期に妊娠した同僚と励ましながら仕事させてもらいました。

妊娠初期は朝のつわりがひどく、遅刻することもありました。上司からは「時間どおり出勤する努力をして」と厳しい言葉をもらい、気が滅入る事も多々ありました。また、仕事量を減らしてほしいとお願いすると嫌な顔をされ、正直辞めたいと思う事もありました。

しかし、お客様や業者さんに励まされサポートしてもらったこともあり、無事産休まで続けることができました。
正直妊娠はした人しか分からない不安や体調の変化もあり、個人差も大きいので理解してもらう事が難しい場合もあると思います。 しかし、赤ちゃんを守れるのは自分しかいないという気持ちで優先順位をつけて仕事できるといいと思いますね。(妊娠29週) P.Pさん 27歳

いつまでも仕事から逃れらない状況

いつまでも仕事から逃れらない状況

私の妊娠が分かったとき、会社ではとある部門のリーダーとして活躍中でした。そのため、なかなか妊娠したことも言い出せにくく妊娠4か月くらいで上司に報告しました。直近の上司は穏やかな方でしたのでそうかという感じで受け入れてくださいました。

ただ、社内では既婚女性はいましたが、出産経験のあるスタッフはおらず、ましてや産休をとるのも私が初めてでした。とはいえ妊娠6か月頃には地方へ泊りがけの出張に行ったり、あさってから産休を取ると言っていたにもかかわらず、また出張の依頼がきてしまい、断るのに苦労しました。会社に迷惑がかかるのは分かっていますがもう少し配慮してほしかったです。(妊娠30週) Sさん 33歳

甘く見ていた双子妊娠、切迫早産

甘く見ていた双子妊娠、切迫早産

長女を妊娠中出産予定日1ヶ月前まで働いていました。 優良妊婦と先生からも太鼓判を押されていたので、出張等も行っていましたが周り人達に心配をかけてしまうこともありました。無事に出産し、職場復帰をしてから約2年後。

今度は2.3人目の双子を妊娠。双子の場合、多胎妊娠よりリスクは高いと言われていましたが、長女の時もギリギリまで働いて大丈夫だったので今回も大丈夫だろうと甘い考えでいました。

28週まで働く予定でしたが、突然の切迫早産診断を受け休職を余儀なくされました。
引き継ぎをする後任者も決まってない状況での休職だったので、会社の人達には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、まずはお腹の子達のことを考えようと気持ちを切り替えて毎日安静にして過ごしました。(妊娠28週) Kさん 34歳

一番大変だったのは、通勤電車に乗る事

一番大変だったのは、通勤電車に乗る事

私は30週まで仕事を続けました。 高齢出産でもあり、これが最後の妊娠だろうな~と思っていましたので、身体に負担をかけたくないという理由で、妊娠した時点から「辞める」と言い続けてきましたが、引き継ぎやらなんやらで、いける所まで仕事に行くことになりました。
一番大変だったのは、通勤電車に乗る事です。私は見た目、妊娠しているとはわかりにくかったので、電車に乗っても、誰も気づいてくれなくて、たかだか30分ぐらいではありますが、立ちっぱなしで通勤する時もありました。 特急でも普通でも、とにかく込んでいる時間帯なので、本当に辛くて厳しい通勤でした。
そこで、少し早く家をでて、普通に乗り、座れないときは、途中で下車して休憩しながら、行ったこともあります。
結局は、お腹の張りが治らなくなり、お医者様からも「無理してはダメ」と注事され、辞める運びとなりました。
仕事を辞めないで、と言われるぐらい必要とされた事は嬉しかったのですが、やはりあまり無理をすると、取り返しのつかない事がおこってきます。
仕事を辞めてからは、ゆっくりお家で過ごし、無事、出産予定日に出産する事が出来ました。 (妊娠30週~) Sさん 38歳

正社員で働くつもりが・・・

正社員で働くつもりが・・・

私は正社員で働いており、妊娠してからも正社員で働くつもりで上司とも話し合いを行い、時間短縮の正社員で働くことで話をつけていました。

妊娠8週になった時、普段と変わらず仕事をしていました。ふと下着にポタッと滴ったような気がしました。しかしその日は忙しくてトイレに行けずにお昼にようやくトイレに行くことができました。すると出血しており、婦人科に早速電話をして症状を説明しました。すぐに病院に来てくださいと言われ、早退して病院に行きました。医師から切迫流産と診断され、自宅安静を一週間することを指示されました。

それからは赤ちゃんのためを思って退社し、正社員ではなく、妊娠8ヶ月までパートで働きました。自分が大丈夫だと思っても、赤ちゃんのためを思って無理しないのが一番だと思い知らされました。(妊娠8週) S.Eさん 27歳

私を支えてくれた会社に…感謝

私を支えてくれた会社に…感謝

32週まで仕事をしていました。 産休が少なく、会社を辞める事にしたので、少しでもお金を貯めたくてギリギリまで働く事にしました。

つわりもほぼ無かったのでお腹ぎ大きくなるまでは、普段通りに出勤出来ていたのですが、お腹ぎ大きくなってきた24週頃から、体も重くなってきて動くのも辛い日がありました。 それから、遅刻してしまったりもあり周りにはかなり迷惑をかけたと思います。

でも、上司も同僚もとても気を使ってくれて、嫌な顔せず最後まで私を支えてくれたのです。
みんな笑顔だし、本当に嫌な事一つも無い、とても最高の職場でした。 最後までいい環境で働けたなと思っています。 退職してしまいましたが、私の中の一番の会社でした。(妊娠32週) A.Aさん 33歳

どうにもこうにも続けられない仕事

どうにもこうにも続けられない仕事

妊娠が分かったのが月末で、すぐに翌月末退社の希望を伝えました。ガソリンスタンドに勤務していたため、走り回ったり、灯油など重たいものを運ぶことも多いため、妊娠したまま続けるのは無理だと判断したためです。

仕事はおもしろく、職場の人間関係も良好でしたが、企業自体はブラックで有給は取らせない、サービス残業やプライベートを削って会議や打ち合わせが当たり前という体質だったので、仮に事務仕事で臨月まで続けても産休は出なかったろうと思います。

妊娠初期で流産の可能性なども考慮して、会社に妊娠は伝えず、自己都合で退社としたので特別トラブルはありませんでした。その後精神的に不安定になったり切迫流産になったりしたため、結果的に早く仕事を辞めておいて良かったと思います。(妊娠10週) A.Kさん 24歳

PR