妊娠線にはクリームがおススメな理由とケア別選び方

妊娠線クリームがおススメな理由とケア別選び方

あなたが今使っている妊娠線クリームは、目的にあっていますか?どれでも同じ、と思われるかもしれませんが、実は少し違うんです。そもそも妊娠線とはお腹や他の部分が急激に大きくなるのに、皮膚内部にある真皮の細胞生成が追いつかずに切れて出来る線の事を指します。

母親の世代は皆出来るものとしてあまり気にしていませんでしたが、最近は水着姿で妊娠線が目立つと恥ずかしいという妊婦が多いため、専用の妊娠線クリームが開発されて大きな人気となっていますね。

しかし妊娠線クリームはどれも同じでなく、妊娠線を予防するものなのか出来てしまった妊娠線を薄くするのか、含有成分の違いでそれぞれ効果が違ってきます。そこで妊娠線予防と妊娠線ケアの2つに分けて、それぞれのポイントをご紹介します。

ただし妊娠線クリームを塗れば100%予防できると言うわけではなく、日本人で妊娠している人に妊娠線ができる確率は6~7割ととても高い数字ですので、しっかり予防しても出来てしまう可能性があります。

もし出来てしまっても、それで気分が落ち込んでしまえば赤ちゃんにも影響が出ますので、予防やケア方法を参考にするとともに「出来てしまってもしょうがない」と楽観的に構える事がとても大事です。

私たちがお勧めする 今からケア 91%が定期購入している妊娠線クリーム
ベルタ ⇒ベルタマザークリーム詳しく見てみる

早い時期から妊娠線クリームを

早い時期から妊娠線クリームを

「妊娠線を予防するには妊娠線クリームやオイルを使う」という事はわかっていても、いつどうやってどのくらい使うのか一番知りたい部分はアドバイスによって様々で、どれに倣えばよいか迷ってしまう方も多いですね。いつ使い始めるかという点に関しては、妊娠何ヶ月目というよりは早い時期から使った方がよいです。

妊娠線は3層に分かれている皮膚の一番奥にある真皮が裂けて出来るのですが、お腹が本格的に大きくなってくる頃から使い始めてもクリームやオイルの成分が十分浸透せずに、妊娠線が出来る可能性が高くなってしまいます。

せっかく使うのですから、早くからお腹の皮膚の柔軟性を高めて赤ちゃんの成長に併せて伸びるペースについていけるようにしたいですね。

妊娠線予防重視のクリーム

成分をしっかり選ぶ

成分をしっかり選ぶ

まず妊娠線予防専用のクリームを選ぶには、保湿成分だけでなく皮膚を丈夫にする成分がしっかり含有されているかどうかをチェックします。

肌が乾燥すれば柔軟性が悪くなり切れてしまうのは皆さんご存知ですが、妊娠線ができるもう一つの理由に、真皮内のコラーゲン組織や繊維芽細胞が弱いためちょっとした刺激で切れてしまう、というのがあります。

保湿成分の代表的なものは、水分保持効果のあるヒアルロン酸やコラーゲン・セラミドなどで、名前が良く知られているのも多いですね。それから真皮内細胞を丈夫にする成分としてはアミノ酸とビタミンが挙げられます。

コラーゲンや肌細胞はたんぱく質が主成分なので、たんぱく質が分解したアミノ酸ならば効率的に吸収できます。またビタミンは肌を丈夫にする働きをサポートする補酵素として欠かせない成分なので、これらがバランスよく含まれているものが、妊娠線予防効果を期待できます。

お腹だけじゃなく全身に塗る

お腹だけじゃなく全身に塗る

お腹が大きくなってくるのは、安定期に入った4ヶ月目頃といわれています。メーカー側や情報誌・情報サイトでは、妊娠線予防クリームを塗り始めるのならその時期を勧めていますが、塗る箇所についてはあまりはっきりとした指示がありません。

妊娠線の出来具合は体重の増え方や個人の体質によって変わり、一概にこうすべきとは言えないため「出来そうな部分に塗る」という個人任せな所があります。

そうすると妊娠線予防クリームを塗る人の中には、目立つお腹だけ塗って終わりという人も出てきます。しかし体重の増加とともに大きくなっている体の部位は他にもあって、母乳を蓄える胸とそれに続く二の腕、大きくなる子宮を支えるために広がった骨盤の腰周りと臀部・股関節など全身に及びます。

お腹だけ気をつけていて、他の部分はしっかり妊娠線ができていた、なんて事にならないように時々全身をチェックしクリームを塗りましょう。

毛穴が開いたお風呂上りが一番効果的

毛穴が開いたお風呂上りが一番効果的

皆さんはどのくらいの頻度で妊娠線クリームを塗っていますか?メーカーの公式サイトをいくつか見ると朝晩2回が多いですが、塗りすぎると副作用が出るという訳ではないので、自分でかさついてきたと思う時に塗るのが一番よいタイミングでしょう。

塗るタイミングの中でも一番効果的なのがお風呂上りです。普段のスキンケアはもちろんスペシャルケアのパックをする時には、湯気を肌に当てたり入浴してしっかり毛穴を開くのがポイントですよね。

そうすると美容液やパックの栄養成分を十分に吸収できて、それをしなかった時よりも効果が段違いに現れます。

妊娠線クリームにも肌によい成分がたくさん含まれていますから、その効果をしっかり肌に取り込みたいもの。マッサージしている時間を、リラックスした気分で赤ちゃんに話しかける特別な時間にしたいですね。

保湿の更に高いクリーム又は重ね塗り

保湿の更に高いクリーム又は重ね塗り

妊娠するとホルモンの大量分泌により体質が変わって、脂質肌や普通肌の人でも乾燥肌になる事が多いです。それに冬は乾燥しますから、乾燥肌のお手入れに慣れていない人はダブルパンチを受けるようなもの。今までのクリームでは塗ってもすぐにまたかさかさになってしまう時は、妊娠線クリームを保湿の高いオイルなどに代えましょう。

肌なじみが良く保湿力も高いマカダミアナッツオイルやホホバオイルを使った妊娠線オイルが発売されていて、伸びが良いので少ない容量で長期間カバーできて、量が少ない分安価というメリットがあります。

まだクリームがあるから使い切りたいという人は、重ね塗りをしてみては。保湿力の高い馬油や太白ごま油などでクリームの成分をしっかり浸透させて、肌内部の水分を閉じ込めます。妊娠線オイルよりも更に安価でたっぷり使え、口に入っても安全なのがポイントです。

ほのかな香りでリラックス効果もプラス

ほのかな香りでリラックス効果もプラス

つわりの時だけでなく妊娠中は匂いに敏感になります。普段は気にならないちょっとの香りでも、過剰な嫌な匂いとして妊娠中は遠ざけてしまうものが沢山あります。

妊娠線クリームは無臭のものが多いですが、中には妊娠中でもOKなグレープフルーツやレモンの香りがついている製品も販売されています。グレープフルーツの香りが好きな方も多いですが、香り成分であるリモネンにはリラックス効果や血行促進効果があるので、妊娠線クリームを塗る時間を更にリラックスした気持ちですごせます。

ただ、つわり中はグレープフルーツの香りも嫌だという場合もありますので、自分の好みのクリームを見つけましょう。

敏感肌の方は無添加・無香料を選ぶ

妊娠中は女性ホルモンの影響で肌の調子が一変します。にきびが出来やすくなったり肌が乾燥してかゆくなったりと、ケアをしようと思っても中々難しいです。

中には敏感すぎて今まで使っていた化粧水や、美容液に含まれている成分に反応して使えなくなってしまった方も。妊娠線クリームの中には石油系界面活性剤や添加物が含まれているものがあり、敏感肌の方はかゆみやかぶれが発生する可能性があるので、なるべく無添加の製品を選びましょう。

妊娠線をケア 目立たなくするクリーム

細胞再生・新生を促進させる成分を

細胞再生・新生を促進させる成分を

予防クリームと違って出来てしまった妊娠線を消すクリームには、細胞を活性化させる成分が含まれているものを選びます。妊娠中はホルモンの影響で肌の新陳代謝が抑制されていましたが、産後はそのホルモンが減少して元の状態に戻ります。

妊娠線の部分は繊維芽細胞がないのでへこんでいるのですが、早いうちに新陳代謝を上げて細胞を活性化させると、裂けた部分にも繊維芽細胞が出来るようになり妊娠線が消えます。

細胞の活性化を促す成分と言えばビタミンEですが、その他にビタミンC・コラーゲン・シラノール・葉酸・プラセンタなども新陳代謝をアップさせるのに効果的です。

マッサージと保湿をしっかりする

マッサージと保湿をしっかりする

妊娠中に出来た妊娠線は下の組織が見えるので赤いのですが、産後はだんだんと色が薄くなり最後は白い筋になります。上にも述べたように裂けた部分には繊維芽細胞がありません。

ですから皮脂汗腺もないため乾燥して光って見えるのです。妊娠線の跡が乾燥していれば、いくら細胞活性化成分を浸透させたとしてもその効果は半減してしまうので、保湿も同時に行う必要があります。

お風呂上りは皮脂が取れた分乾燥しやすいので、この時に大目の量を優しくマッサージしながらしっかり塗りこみます。それでもすぐカサつくようならば、妊娠中に使った腹巻やさらしを巻いて水分の蒸発を抑えましょう。

海外のクリームを個人輸入してみる

海外のクリームを個人輸入してみる

即効を実感したい人にお勧めなのが、海外のストレッチクリームです。妊娠線の予防やケアに悩む方は日本でも海外でも変わらず、世界各国でストレッチクリームが開発・販売されています。

日本で認可されていない成分を含むため市販は出来ず個人輸入でしか手に入りませんが、医薬品がドラッグストアで手に入るお国柄らしく効果の高い成分が含まれています。人気のあるストレッチクリームは、まずイギリス製のシルダームが挙げられます。

シルダームに含まれる2つの有効成分が、赤みを抑えて裂けた部分のへこみを改善します。またドイツ製のプレグナンシーボディオイルは、助産婦と共同開発した100%ナチュラル成分のオイルです。

それから妊娠線だけでなくしわやほうれい線にも効果のあるアメリカ製のリストアクリームなど、特徴は様々です。海外製品は成分が強い場合もありますので、個人輸入する場合は成分を良く確認しましょう。

まとめ

妊娠線クリームを塗る時にはお腹を触りますよね。お腹を触ると赤ちゃんにもそれが伝わって、お母さんも赤ちゃんもリラックスできます。妊娠線ケアのみに固執するのではなく、赤ちゃんと触れ合える時間だと思って大切に過ごしてください。