【体験談】妊娠中の胎盤トラブルのお話 11人妊婦の出来事 

【体験談】妊娠中の胎盤トラブルのお話 11妊婦の出来事 

前置胎盤 低置胎盤 

PR

妊娠初期に出血が続いて胎盤が子宮口付近に

妊娠初期に出血が続いて胎盤が子宮口付近に

妊娠9週に入った時、朝トイレで出血しているのに気づきました。トイレに数滴たれ、トイレットペーパーにも血がついていたので、すぐ病院に行きました。出血はそんなに多くはなかったです。

先生に診てもらったところ、出血は確かにしているが、特に問題はなく安静にしていてという事でした。その後も3週間位出血が続いたのですが、原因は胎盤が子宮口付近にあることでした。

ただ子宮が大きくなるとともに胎盤の位置も上に上がってくると思うので、安静にしていれば大丈夫との事でした。3週間経って出血も収まり、胎盤も上の方に上がっていました。 Mさん 30歳  9週~

胎盤が変わった形をしている 分岐している?

胎盤が変わった形をしている 分岐している?

第3子を妊娠していたときのことです。もうすぐ5ヶ月に入るかな?というときに、朝起きると、シーツまで赤くなるような大出血がありました。びっくりして、赤ちゃんが無事かどうか不安になって、すぐかかりつけの産婦人科に電話しました。

しかし、その日はちょうど休診日で、「出血が多くなっていっているのであれば受診の必要があるが、そうでなければ安静にしていてください」との返事でした。

もう出血は止まっているみたいだったのですが、子どもが二人いるため安静にはできないので、悩んだのですが、しばらく落ち着くまで里帰りすることにしました。その日のうち親に迎えにきてもらい子どもと一緒に実家に帰り、翌日里帰り先の出産予定の病院を受診することにしました。

そこの病院で経緯を説明すると、真っ先に「また出血しているようなら即入院」と言われましたが、診てもらうととりあえず出血は大丈夫なようでした。次にエコーで一番心配だった赤ちゃんの様子を診てもらうと、赤ちゃんは心臓も元気に動いていました。

ただ、「胎盤が変わった形をしている。分岐していて橋のようになっている。そこから出血したのかも。」と言われました。そして、しばらく安静にと言われました。

その後、2週間ほど実家で安静にして、もう一度里帰り先の病院を受診して出血もないことを確認してから、自宅に戻りました。胎盤の形のせいで赤ちゃんが栄養を十分もらえなくて成長に影響がでたらどうしようと不安はありました。

検診でも順調に成長してくれて、それから出血もなく39週での出産になりました。心配をよそに、出生体重も3800グラムで元気な声を聞いたときにはすごく安心しました。 Tさん 31歳 15週頃~

安定期なのに低置胎盤と診断され

安定期なのに低置胎盤と診断され

2人目の妊娠と仕事をしていたこともあり、妊娠初期からつわりやお腹の張りで大変な妊婦生活を送っていた中、やっと安定期に入る時の妊婦健診でのことです。

胎盤が子宮口にかかりそうなくらい低い位置にある低置胎盤と診断され、できるだけ安静にするように指示を受けました。ただこの時期はどんどん子宮が大きくなっていく時期で、それに伴い胎盤も上に上がっていく場合が多いのであまり心配しずぎないようにとのことでした。

結果的に4週間後の妊婦健診では胎盤の位置は少し上になっており、その後の検診でも胎盤について指摘されることはありませんでした。 Mさん 31歳 16週~

逆子&低置胎盤 中期までなら大丈夫 経腟分娩

逆子&低置胎盤 中期までなら大丈夫 経腟分娩

20週の妊婦検診の時に、お腹の子が逆子で低置胎盤なので、このまま進むと帝王切開になるという診断を受けました。ただ、逆子は体操で治る可能性もあるし、胎盤も子宮が大きくなるにつれて上がっていく可能性があると言われたので、その日から逆子を治す体操を毎日2回続けました。

その結果、25週の検診で逆子は治ったと言われたのですが、胎盤の位置は低いまま。そして、27週の検診で再び逆子に戻ってしまったと言われ、体操を続けました。

29週の検診で逆子が治り、胎盤の位置も上がってきたから、経腟分娩で行けそうだと言われました。

ここまで来たら逆子に戻る可能性は10%ということで、その10%に当てはまることなく、妊娠後期を過ごせました。逆子や低置胎盤と診断されたら、中期までであれば体操を続けることをお勧めします。HHさん 33歳 20週~

腹痛~前置胎盤気味で不安な生活

腹痛~前置胎盤気味で不安な生活

妊娠20週に入った頃、腹痛があり主人に連絡して仕事を早退してもらい病院に行きました。1人目妊娠時に切迫早産で長期入院していた経験から診察を待っている間とても不安でした。

2歳前の息子は保育園に通ってはいないので日中どこに預けるか、主人に家事ができるだろうか、病院では痛みより今後の生活に対する不安でいっぱいでした。

診察を受け、医師から前置胎盤気味だから薬を処方すると告げられました。前置胎盤という聞いたことがないワードでしたが、とりあえず入院ではないことにホッとして薬をいただき帰宅。落ち着いてから育児書で前置胎盤を調べました。

胎盤の位置が下、大量出血、帝王切開…安心していた私にまた不安が押し寄せてきた瞬間でした。その日からは息子に抱っこを求められたら座ったまま抱っこしたり、買い物の回数を減らしました。そのおかげなのかは分かりませんが妊娠27週の健診の際に少し胎盤が上がってきていると言われました。

現在、30週に入りました。今後も赤ちゃんだけでなく、息子や主人のためにも安静を心がけて無事に出産できるように頑張りたいです。Cさん 27歳 20週~

低置胎盤・逆子・帝王切開でした

通常の胎盤位置 低置胎盤

妊娠20週頃からでしょうか、胎盤の位置が低めと言われました。低置胎盤。ですね。自然分娩ですと、胎盤の位置が低いと、大変なようです。

陣痛により、自然分娩を試みても、出産時、赤ちゃんがでてきにくいようですと、緊急帝王切開を要するようです。

私自身、逆子の為、予定帝王切開でしたので、低置胎盤について、そこまで、詳しく話されませんでした。もう、帝王切開は決まっていたからかもしれませんし、妊娠中の経過も良好だったのもあるのかもしれません。

実際、帝王切開での出産でした。すぐに産声もあり、元気な赤ちやんでした。Aさん 34歳 20週~出産

前置胎盤の疑いから出産まで

前置胎盤の疑いから出産まで

30歳になる前に出産をしたいと思い、自分でできる限りの妊活を経て妊娠にこぎつけました。妊娠初期はつわりなど軽く、いつも通りの生活を送れていましたが、エコー検査で「胎盤の位置が少ししたの方だね」と医師から言われました。

初期だったので子宮が大きくなると共に上に移動することもあるから様子を見ようということになり、自力で対策できる問題でもないため、普段通り過ごしました。

この状態が続けば帝王切開になるかも、と言われ不安もありましたが赤ちゃんは順調に成長し、胎動も感じられるようになりました。

お腹は張りやすかったものの、幸いにもその後も出血はなく、20週で胎盤の位置も問題ないとお墨付きをもらい、帝王切開ではなく普通分娩で出産することができました。Hさん 29歳 20週~

何だそりゃの前置胎盤からの胎盤が移動して普通に分娩出来ました

何だそりゃの前置胎盤からの胎盤が移動して普通に分娩出来ました

私は人生の中で、自分が結婚する事や出産することなど考えた事もありませんでした。ところがとても良い伴侶と出会い、結婚も出産も経験する事となったのです。

私にとって出産ほど怖い物は無くて、最初の出産は本当に日々お腹が大きくなる恐怖に耐えられず、叫びたくなるのを堪えるのが精一杯の日々でした。出産ですら怖いのに、そんな私に追い打ちをかけるように、先生から「前置胎盤になってます。」と言われました。

一瞬「なんだそりゃ?」状態でポカーンとしていましたが、胎盤が下に下がってきて子供を産む為の穴を塞いでいると言うのです。最悪のパターンは、麻酔をかけて帝王切開だと言われて、恐怖のあまり目の前が真っ暗になりました。

所が、前置胎盤は子どもの成長と共に移動する可能性が高く、産まれる頃には胎盤が移動して穴が通れるようになっている事が多いのだそう。

実際、私も出産時には胎盤が移動して、普通に分娩出来ました。それでも、分娩の際は「もしかしたら、前置胎盤のまま帝王切開の方が全身麻酔だから、楽だったのかも。」と考えたくらい陣痛がしんどかったのだけを覚えています。 RRさん 38歳 28週~出産

前置胎盤の警告出血で救急車に 出産後も胎盤が癒着

前置胎盤の警告出血で救急車に 出産後も胎盤が癒着

初めての妊娠で、つわりも特になく順調な妊婦ライフを送っていました。しかし、21週目の妊婦検診で先生に「前置胎盤の可能性がある」と指摘されました。

前置胎盤とは、胎盤が子宮口付近にあり、子宮口を塞いで自然分娩が難しくなる状態のことを言います。子宮口付近は血液量も多く、胎盤が剥がれると大量出血の可能性もあります。

まだ21週の時点では、胎盤が移動して子宮口から離れ、自然分娩が可能になることもあると言われました。なんとか胎盤が動くことを祈っていましたが、31週目に、警告出血がありました。生理の多い日程の出血がべったりついていて、慌てて病院に駆け込みました。

かかりつけの個人クリニックでは対応できず、市内の総合病院まで救急搬送されました。その後、出血は落ち着きましたが、分娩の37週まで安静入院となりました。

約2ヶ月、24時間、子宮の張り止め剤を点滴されました。その副作用(吐き気、動悸、微熱等)に悩まされました。

出産は帝王切開になりましたが、その手術も壮絶でした。手術開始から30分ほどで赤ちゃんは無事産まれ、産声を聞くことができましたが、その後胎盤が癒着しているためになかなか剥がれず、出血量は3000ccを超えました。

なんとか子宮摘出にはならずに済みましたが、その日は心電図や酸素ボンベ、尿管を繋がれ、赤ちゃんに授乳もできませんでした。でも赤ちゃんは大きく健康に産まれ、保育器にも入ることはなかったのでそれがいちばんの救いでした。 HMさん 28歳 31週~

胎盤を枕にしていた我が子 胎盤は動かず35週で帝王切開

胎盤を枕にしていた我が子 胎盤は動かず35週で帝王切開

30週の妊婦健診にて。久々の内診を受けていると、先生が「あれあれ?ん?」…低置胎盤発覚です。
エコーで見直すと、なんと胎盤を枕に寝ている娘の顔が。それまで低置胎盤という言葉すら知らなかった私。

そろそろ里帰りしようとしていた矢先の発覚でした。当時妊婦健診で通っていたのは地域で一番大きい総合病院でした。万が一何かあったときの事を考えて里帰りせずにこの病院で出産した方が良いのか?自己血輸血の準備をしなくちゃいけないのか?貧血のままでは危ない?一度に色々な問題や不安がが浮上して、動揺を隠せない。

出産予定の産院に相談したところ、大丈夫、ギリギリまで胎盤の様子をみて、まだ動くようなら経膣、だめなら帝王切開に。大丈夫です、どちらでもうちで診ますよ。とのこと。やはりこちらの病院で産もう!と決心しました。

結局、胎盤は動かず。35週で帝王切開で産む事を決定。38週で予定日よりも10日早く出産となりました。出血のリスクもあるため、輸血の準備もしていただきましたが、大きな出血もなく、帝王切開でしたがとても良いお産でした。

低置胎盤と聞いたときは本当に焦りましたが、今となっては思い出話です。低置胎盤となる原因はよくわからないそうですが、無事に出産できた事に感謝です。Cさん 32歳 30週~

胎盤早期剥離で緊急帝王切開で出産しました

胎盤早期剥離で緊急帝王切開で出産しました

あと一日で正期産という36週と6日で、胎盤早期剥離を起こして緊急帝王切開での出産となりました。

その日は出産に向けて家の中の片づけをしたりと元気に過ごしていたのですがなんだかお腹が痛くなり、それでも最初は前駆陣痛だと疑っていなかったのですが、いつまでたっても痛みは定期的にならないし、痛みも消えない。

病院に確認の電話をして、翌日だった定期健診の予定を一日早めさせてもらうことになり病院へ向かうと、胎盤早期剥離を起こしていることが分かり、そのまま緊急帝王切開で出産して入院になりました。

私は元気に過ごしていたのに、お腹の外と中ではこんなにも状況が違っていたなんて、とゾッとしました。お腹の中は見えないし、産むまでは何が起こるか分からないから、ちょっとでもおかしいと思うことがあれば、妊婦さんはすぐに先生に相談してほしいと切実に思います。Fさん 30歳 36週

PR

シェア