妊婦の旅行「マタ旅」について妊娠初期から知っておきたいこと

妊婦の旅行「マタ旅」について知っておきたいこと

妊娠中の妊婦にとって、つわりや体調不良は大変なことです。たまにはストレスから解放されて、のんびり旅行でもしたいと思ったことはないでしょうか?たまには「マタ旅」なんていいな、と思っていても、お腹の赤ちゃんは大丈夫かなと思うと、無事に子供が生まれてからしかできないものだと考えている方は多いのです。

しかし、妊娠中の妊婦さんでもマタ旅を安全に楽しめる場合があります。さまざまな条件さえクリアしておけば、一泊温泉旅行も夢ではありませんので具体的にご紹介していきましょう!

PR

旅行の時期 いつからいつまで?

旅行の時期 いつからいつまで?

妊婦さんは、体調が良いからといっていつでも旅行に出かけられるというわけではありません。旅行しても比較的大丈夫な時期を見計らうことが重要です。

例えば、つわりがひどくなる妊娠初期の頃は、旅行時期としては不向きです。いつ体調不良になるのかわからないので、スケジュールや日程も組みづらくなるでしょう。また、臨月が近づいてくるとお腹が大きくなり身重になるため、移動が困難になります。

妊婦さんが旅行しても、比較的大丈夫な時期は、安定期と呼ばれる妊娠5ヶ月~7ヶ月くらいの間です。安定期はつわり症状も治まり、お腹もそこまで大きくないので、旅行するのにピッタリな時期だと言えます。

旅行は医師の指示を受けてから

旅行は医師の指示を受けてから

妊娠中の妊婦さんは、つわりが治まった安定期なら旅行することができます。ただ、全ての妊婦さんが同じように旅行できるというわけではありません。自分では体調が良いから大丈夫と思っていても、赤ちゃんは大変な状態になっていることもあります。

旅行に行きたいなと思ったら、まずは担当の婦人科の医師に相談するようにしましょう。母体や赤ちゃんの状態を考慮した上で、旅行しても大丈夫か、まだ先にすべきかをアドバイスしてくれます。

医師の判断を受けずに独断で旅行に出かけてトラブルに巻き込まれるケースも多いので、必ず相談するようにしましょう。

妊娠中の旅行プランについて

妊娠中の旅行プランについて

担当の医師に相談し、旅行の許可が降りたなら、次はいよいよ旅行プランを決めていきます。久しぶりの旅行に、ワクワクした気持ちを抑えられなくなることもあるでしょう。

ただ、妊婦さんが選ぶべき旅行プラン、選ばない方が好ましいプランがあります。例えば、バスに乗ってさまざまな観光スポットをめぐるツアータイプのバスは、団体行動であることから個人の体調不良に考慮しづらい部分があります。

また、移動時間が長いため、母体に大きな負担となってくるでしょう。妊娠中の妊婦さんが選ぶなら、移動時間が比較的短く、ゆっくりと同じ場所でくつろげる旅行プランが最適です。近場の温泉施設なら、ゆっくりとくつろぐことができるでしょう。

国内旅行か海外旅行か

国内旅行か海外旅行か

妊娠中の旅行といっても、国内旅行にするか海外旅行にするか悩んでしまう方もいるでしょう。身体に負担をかけずのんびりしたいのなら国内旅行ですが、車で半日以上もかかる場所に行くのならグアムやサイパンなど比較的短時間のフライトですむ場所の方が良い場合もあります。

また、この旅行はリラックスするためなのか、赤ちゃんが生まれたら旅行にいけなくなるためなのか、気分転換なのか、その目的によっても旅行先が決定されますね。

このように妊婦の体調や旅行の目的・費用・旅慣れなど、様々な点をトータルに考えて旅行先を選びましょう。

マタニティプランを活用

マタニティプランを活用

どこに旅行に行こうかと考えるのもとても楽しいですが、妊娠前のようには動けないので、それを頭に入れた旅行先やプランを考えなければなりません。一番手っ取り早い方法は、マタニティプランを出している旅行会社のプランを選ぶ事。

マタニティと銘打っているだけあって、貸しきり温泉や妊婦用の食事・マタニティエステ・アーリーチェックイン・レイトチェックアウトなど、妊婦が無理をせずゆっくり旅行できるようなサービスを提供してくれます。

海外旅行でも日系航空会社を選べばマタニティサービスをしてくれますが、やはり国内旅行のマタニティプランが多いようです。妊娠中の旅行を考えているときは、マタニティプランをぜひ一度チェックしてみてください。

感染症が流行中の場所は避ける

感染症が流行中の場所は避ける

冬はインフルエンザやノロウイルス、夏は食中毒やエンテロウイルス・アデノウイルスなど一年中あちこちで感染症が流行しています。

ちょうど旅行シーズンに当たるので、旅行先にこれらの病気が流行っていないか、申し込みをする前に確認しましょう。妊娠中は感染症治療のための抗生物質が使えないので、普通の人以上に苦しい思いをする可能性があります。

特に海外旅行の場合は現地で流行っている感染症の抗体をもっていないため、旅行先や帰国後に隔離入院なんて事も考えられないわけではありません。

旅行先で感染症が流行っている場合は旅行先のリストから外し、もうすでに申し込んでいる場合はキャンセル料が発生したとしても健康には変えられないので、キャンセルを頭に入れて情報を収集しましょう。

交通手段はできるだけ車か電車で

交通手段はできるだけ車か電車で

妊娠中の妊婦さんが旅行に出かけるときは、交通手段をできるだけ負担のないものにしましょう。基本的に妊婦の体調はいつどのように変化するのかわかりません。

だからこそ、急に気持ちが悪くなったりした場合、すぐに乗り物から降りられることが前提となります。一度乗ると降りることができない飛行機、船、バスなどは極力避けたほうが良いでしょう。特に船の場合、揺れが大きく生じることが多いので気分が悪くなりやすいケースが多々あります。

また、バスでの移動も渋滞にハマると身動きできませんし、狭い空間でたくさんの人達と一緒にいるため、ストレスを強く感じてしまうでしょう。妊婦さんの移動で、比較的負担が軽いのが、自家乗用車か電車です。どちらも途中下車することができますし、揺れも最小限ですので安心です。

不安な方は遠くより近場がおススメ

不安な方は遠くより近場がおススメ

妊娠中の妊婦さんが安定期に旅行できるといっても、移動時間があまりにも長いと、身体に大きな負担がかかってきます。

旅行気分を味わいたくて遠出したい気持ちもわかりますが、できるだけ近距離の方が、身体にとっても本当の意味でリラックスできるでしょう。

移動時間は、1~2時間以内に押さえておくと、旅先で体力を回復してから楽しむことができますし、帰宅しても強い疲労を感じることは少なくなります。

旅行日程には余裕を持って

旅行日程には余裕を持って

妊娠中はいつ体調が悪くなるか分かりません。旅行最終日に体調を崩して飛行機をキャンセルしなければいけなくなったり、後の予定がダメになってしまう事も考えられますので、旅行スケジュールは詰め込まずに余裕を持たせたものにしたいですね。

そうすれば時間や観光に追われて体調を無視して、後でぶり返しが来る事も無くなるでしょう。ただ、まだ仕事を続けている方は、どうしても旅行日程が押してしまいがちです。

なるべく週明けに旅行の疲れを残さないように、近場の日帰り旅行などに留めておきましょう。もちろん短時間の日帰り旅行であっても、無理をしない事が大事です。

プランが確定したら

プランが確定したら

旅行プランがある程度固まってきたら、再び担当の医師に相談し、チェックを受けてみましょう。移動時間やスケジュールに無理がないか、さまざまな角度からチェックし、今の身体の状態で負担になるかならないかを判断してくれます。

もし、医師のアドバイスでプランを変更する必要があったとしたら、母体を優先として速やかに従うようにしましょう。旅行プランを計画している最中は、楽しみが膨らんでつい妊婦の身体であることを二の次にしてしまうことがあります。

客観的に見て難しいと判断されたのでしたら、無理のあるプランということですから、安全を第一に修正するようにしましょう。

旅先での注意点

旅先での注意点

妊娠中の妊婦さんにとって、旅行は非日常で楽しいことだらけです。しかし、いつも生活している場所とは気温が違ったり、用意されている食べ物も違いがあったりするでしょう。旅行中の衣服は、温度調整しやすいようストールなどをプラスしておくと便利です。

また、食事においては生ものを大量に食べることはよくありませんので、予約時に妊婦であることを伝え、メニューを調整してもらうようにしておきましょう。事前に準備をしておくことで、旅行中も快適に過ごすことができます。

妊娠中の温泉について

妊娠中の温泉について

妊娠中の妊婦さんが、ゆっくりとくつろぐなら温泉旅行が最適です。ただ、妊娠中は温泉に入ってはいけないと聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。

しかし、最近になって妊婦の入浴に関する禁忌事項が見直され、妊婦でも温泉を楽しめるようになりました。ただし、妊娠していない時期と同じように温泉に入って良いというわけではありません。妊娠中は、のぼせやすくなっているため、少しの入浴でも頭がボーッとしやすくなります。

また、温泉の湯質から、床が滑りやすくなっている場合もありますので、転倒には充分注意するようにしましょう。温泉に入浴する時間は10分以内にすると安心です。

温泉でお腹が気になる場合

温泉でお腹が気になる場合

妊娠中でも温泉を楽しみたい。でも、大きなお腹を晒すのには抵抗があるという方もいらっしゃるでしょう。そのような場合は、家族風呂や貸し切り風呂を選んでみてはいかがでしょうか。

人目を気にせずゆっくりと温泉を楽しむことができますし、家族で入浴できるので安全面でも心強い部分があります。温泉旅館によって、対応しているところとそうでないところがありますので、予約時に相談してみると良いでしょう。

体調の変化を確認

体調の変化を確認

妊娠中の旅行は、楽しみが多い分、自分の身体に鈍感になることがあります。楽しい気分を害したくないからと、少し気分が悪いのに我慢してしまうと、急激に体調は悪化していきます。

楽しい時間は、無理をしないことが前提ですから、少しでも体調の変化を感じた時は、無理をせず周囲に理解を示しましょう。同伴者も妊婦であることを理解した上で、一緒に旅行に来ているのですから、何の問題はありません。

無理をせず一緒に楽しんでこそ、旅は充実したものになることを忘れないでおきましょう。

海外旅行は必ず医療保険に入ってから

海外旅行は必ず医療保険に入ってから

ハワイやグアムに旅行に行って体調が急変し、緊急出産や手術を行わなければならなくなった場合、医療費が何千万円にも上ってしまう程アメリカの医療費が高い事をご存知ですか?

日本では大丈夫でも現地の天候や温度・なれない食事などで体調を崩してしまう事も多いので、海外旅行に行く前はなるべく海外旅行医療保険に入っておきたいものです。

国外のほとんどの保険会社では、出産・流産・早産の処置にかかる料金は支払えないと決まっているのですが、中にはそういった場合でも保険金が受け取れるような医療保険があります。ただし妊娠初期に加入する事等など条件がありますので、加入する前には良く確認してからにしましょう。

まとめ

妊娠中の妊婦さんと旅行についてご紹介しました。安定期に入れば比較的体調も把握しやすいので、旅行する時期としては最適です。

しかし安定期だからといって無理ができるというわけではありませんので、注意しましょう。体調を優先し、無理のない旅行プランを計画して医師の許可を得たら、あとは思う存分楽しんでいってくださいね。

PR