【妊娠32週】胎児と母体の症状で知っておきたいこと

妊娠32週の体験談

妊娠32週の体験談

急に破水、見逃しの原因はおしっこ?

急に破水、見逃しの原因はおしっこ?

第一子の出産は妊娠32週で急に破水、入院、早産での出産で、とにかくバタバタしました。しかし今考えてみると、第一子の妊娠中は20週を過ぎた頃から、お腹が張ってキューっと硬く、痛くなることが1日に何度もあり、お腹の中の赤ちゃんの足の形が分かるくらい張ることもありました。

32週で破水する数日前に産科の健診を受けた際は特に問題はないとのことだったのですが、どうやらおしっこが膀胱に溜まっていると子宮口の開きが分からず、見逃してしまったのではないかと、第二子の切迫早産を診察された時に言われました。

お腹の張りが気になって診察を受ける場合、トイレでおしっこを空にすることをおすすめします。 YUさん 32歳 妊娠32週

前駆陣痛の感覚は?上の子はなかったのに?

前駆陣痛の感覚は?上の子はなかったのに?

予定日までしばらくある時期にお腹がごろごろし、すごくギューンときつい痛みにじわじわ悩まされてこれは陣痛?なのと思いを何日か続いていましたが4日位して徐々に痛みとその間隔がうすれていき、それは前駆陣痛でした。気になって不安でネットで同じ症状の経験のある人の様子をみたらまさにこの感じだと思いました。

上記は二人目の時の経験で、上の子の時はまったく違って、一気に陣痛が来て出産までのスピードも早かったので、二人目の前駆陣痛は不安が大きくなって緊張状態でした。

結果としてうまく子供に酸素が回らずという理由から帝王切開での出産となりました。生まれてくるまで出産はどんな形になるか未知の世界でドキドキするものです。 YUさん 32歳 妊娠32週

妊娠高血圧症~転院~心拍停止~帝王切開で早産に。1078gの元気な赤ちゃんを出産。

妊娠前から高血圧の治療を受けていた事もあり、妊娠高血圧症にかかる恐れがあると指摘されていました。妊娠29週くらいから血圧が150を超え、ついに妊娠高血圧症と診断されました。赤ちゃんの成長もあまりよくありませんでした。

高血圧になると、赤ちゃんに栄養が行きにくくなり、大きくならないそうです。すぐに入院しましたが、2週間ほど経ってもあまり改善される事なく、そろそろ母子共に危険な状態になってきたので、NICUのある病院に転院することになりました。

転院したその日の夜に、まだ32週なのに陣痛がきてしまいました。さらに、赤ちゃんの心拍も時々停止して、緊急に帝王切開することになりました。生まれてきた赤ちゃんは、1078g。お腹から出てきてしばらくしてから、産声をあげました。

生まれてすぐに保育器に入り、NICUに入院しました。たったの1078gだけど、自発呼吸が出来ているので、酸素は不要だという事。全身の検査の結果、異常がない事がすぐに分かりました。

母乳も飲ませるとの事で、生後3日ほどで、鼻から搾乳した母乳を飲んでいました。それから、約2ヶ月入院しました。退院後も「未熟児健診」を受けに通っています。現在2歳ですが、成長は順調で、身長、体重ともに標準の大きさになり、心理発達も正常です。NYさん 34歳 妊娠32週

カンジタ膣炎になっちゃいました

カンジタ膣炎になっちゃいました

32週の頃、カンジタ膣炎になりました。はじめはなんとなく痛痒い感じで、最近変えたボディーソープが合わなかったのかなとか、蒸れてかぶれたのかなと軽く考えていて、2日ほど放置していました。あっというまに悪化して、もう、3日目の夜には痒くて痛くて、オリモノもすごく増えて、不安と不快感で夜も眠れないほどで、翌朝1番に病院にかけこみました。

医師からは「酷めのカンジダだね。しんどかったね」と言われ、「妊婦さんはなりやすいから、不潔だからなったの?とか考えなくて良いからね。洗いすぎると却ってよくないよ。ボディーソープはベビー用とか、低刺激がいいかもね」といったアドバイスも頂きました。膣剤と塗り薬を処方され、魔法みたいにすぐによくなりました。

カンジダってあんなに痒くて痛くて不快なものだとは思いませんでした。カンジダに限ったことではありませんが、もし何か異常を感じたら、「もうすぐ次の健診だし、その時でいいや」なんて思わずに、早急に診察してもらうことを強くおススメします。      Hさん 29歳 妊娠32週

フラフラする原因は・・貧血でした。

フラフラする原因は・・貧血でした

ちょうど32週に入ったころでしょうか。座ってたちがあるときにフラフラとするようになりました。お腹が重くなってバランスが悪くなっているのかな、くらいにしか思っていませんでしたが、先生に相談して血液検査をしたら、極度の貧血状態に陥っていました。

極度の貧血になると、出産時に出血が止まりにくくなると言われたので、それはもう必死に改善するように努力しました。

処方された鉄剤を飲んで、食生活でも、口さみしい時はひたすらプルーンを食べ、食事でもマグロやひじきなどの鉄分が多いと言われている食材を積極的に摂りました。おかげさまで、次の健診では何とか正常値には戻っていたのでホッとしました。     Mさん 30歳 妊娠32週~

反って胸を張るような歩き方が肩こりの原因だった

妊娠後期になるとお腹は随分大きくなってきます。私の場合はお腹が出てくるにつれてどんどん反って胸を張るような歩き方になってきてしまいました。

それはまるで花道を歩くお相撲さんのようだったのではないでしょうか。そうしているうちに肩こりがひどくなってきて体のあちこちの関節も痛くなってきてしまいました。

接骨院に通い診てもらうと、無理な姿勢から体にズレが生じて負担がかかってしまっているということでした。背筋を伸ばすと肩こりにはいいような気がしたんですがそうではなかったようです。

それからは歩き方に気をつけてできるだけまっすぐの姿勢を心がけていたら肩こりも少し和らぎました。YKさん 31歳 妊娠32週

上の子と仕事と家事と妊婦

上の子と仕事と家事と妊婦

二人目を妊娠した時、妊娠32週のときに、切迫早産と診断されて入院になりました。その時、仕事と育児が忙しく安静を保つことができずに、必死で働いていました。

そして久しぶりに健診にいったときに、分娩監視装置を装着した時、陣痛のようなものが起きていることがわかり、内診をした結果、入院となりました。

それは余りにも急になったので、とても驚きましたが、そのままだと分娩をすること(早産)になるかもしれないと言われ、安静入院をすることになりました。その後は、安静にした状態が安定したので、本当に良かったです。 AIさん 25歳 妊娠32週~

会陰マッサージの姿は旦那には見せられません

会陰マッサージの姿は旦那には見せられません

一人目の出産時にお腹の痛みに耐えきれず思わずいきんでしまったら会陰が切れて大出血してしまいました。かなり切れてしまい縫ったので、しばらくは椅子に座ることもできずに苦労しました。

そこで、二人目は助産師さんの指導のもとで会陰マッサージを行うことにしました。妊娠9か月目に入ったころからお風呂上りに毎日、オイルを塗りながらやさしくマッサージをしました。

大きくなったお腹を持ち上げつつ、顔をのぞきながら会陰マッサージをする姿はとても旦那さんには見せることができませんでした。

オイルを塗る位置がわからず、深く頭を入れて転びそうになったのも一度や二度ではありません。しかし、頑張ったかいがあったのか出産時には会陰切開することはなかったです。AMさん 29歳 妊娠32週~