【妊娠31週】胎児と母体の症状で知っておきたいこと

妊娠31週の体験談

妊娠31週の体験談

外回転術 お腹の中でぐるっと回転

外回転術 お腹の中でぐるっと回転

順調に妊娠周期をむかえていましたが、かなりお腹が出て気になり出し、31週を超えた頃まさかの逆子と言われました。お尻を突出し、逆子を治す体操をしましたがそのまま1か月間治りませんでした。

次の健診でマッサージにより逆子を治してもうことになりました。お腹を強くマッサージしながらぐるっと回転、こんなに力を入れても大丈夫かと心配するくらいのマッサージでした。無事に逆子はもどりました。

おそらくマッサージによるものだと思いましたが、出産時に赤ちゃんが出てこなくなり、へその緒が赤ちゃんの首に巻きついていることがわかりました。たまたまへその緒の長さが平均より短かったこともあり、帝王切開による出産になりましたが、元気な赤ちゃんが生まれてよかったです。Hさん 30歳  妊娠31週~

鮮血~子宮頚管20ミリ+お腹張りで入院~再度入院~出産

鮮血~子宮頚管20ミリ+お腹張りで入院~再度入院~出産

妊娠して、つわりこそ辛かったものの、経過は順調でトラブルもなく31週を迎えた頃でした。お昼までゴロゴロしていてトイレに行ったところなんと生理二日目ぐらいの量の鮮血が…。もう出血は止まっているようでしたが、びっくりしてとりあえず産院へ電話しました。

診察しましょう!と言う事だったので、叔母に産院まで送ってもらうことに。病院へ着いてすぐ先生が診察してくれて「はい、子宮頚管20ミリ。入院!」と言われそのまま緊急入院となりました。

私はお腹の張りの感覚がよくわからなくて、張りを感じた事がなくて順調なんだと思っていましたが、モニターをつけて、助産師さんに今張ってますよーって言われて初めて、コレが張り!?と驚きました。これなら度々経験していたな、と。張りどめの点滴を続け、それからは出血することなく33週で一旦退院。

安静にしていましたが、34週でピンク色の出血があって、37週まで再度入院となりました。お腹の張りって、お腹が生理痛の様に痛くなると思っていましたが全く痛く無かったし硬さもカチコチになると聞いていたのですが、そこまで硬さも感じて無かったです。

でも入院して張りどめの点滴をした事で、違いに気づきました。人それぞれ感じ方は違います。私はちょっとお腹がキューンってしてるかな?ちょっとだけ硬い?って感じる程度でしたが、それが私の張りだったようです。

退院してからはガチガチにお腹が張って歩けないほどでしたが、39週で無事出産しました。少しでも普段と違うとか、張りが分からないという事であれば医者や助産師さんに聞いてみるのをオススメします。24時間点滴絶対安静は本当に大変です。UDさん 30歳 妊娠31週~

この時期から定期的な前兆前駆陣痛に 2人とも

現在2児の母親です。前駆陣痛もないまま本陣痛がくる人もいるみたいですが私は2人ともありました。1人目の時は少しお腹が張ってきて生理痛の鈍い痛みのようでした。

普通に歩いたり、過ごしたりできますが私の場合は定期的に前駆陣痛がありました。マシになり、また痛くなりと繰り返していました。1人目の時は、それが前駆陣痛と思わなかったので陣痛きたのかな?とソワソワしていました。

2人目の時は、上の子と同じで31週はいったくらいから前駆陣痛がきました。2人目の前駆陣痛の時はキツかったです。同じく生理痛みたいな痛みなのですが腰なども痛くなり上の子抱っこしたりするのもしんどいくらいひどっかったです。YSさん 28歳 妊娠31週

股関節の激痛、歩くのが怖い辛かった…

股関節の激痛、歩くのが怖い辛かった…

もう31週を超えた頃でしょうか。体重は8キロ増でもうあまり増やしてはいけないものの、トラブルなく順調な妊婦ライフでした。そんなある日、買い物に出かけると、いきなり襲ってきた股関節の激痛。思わず立ち止まり、その場で動けなくなりました。

数分で痛みは治まりましたが、その後も前触れなく激痛が走ることが何度もありました。出産をひかえて股関節がぎゅぎゅっと開いている痛みだということで、異常なことではないらしいのですが、とにかく痛い。泣きそうでした。

今となってはそんなこともあったな…くらいにしか思いませんが、当時はいつまたあの痛みに襲われるのか、こわごわ歩いていました。YNさん 30歳   妊娠31週

体重管理に失敗 早産に・・

体重管理に失敗 早産に・・

妊娠31週で早産してしまいました。妊娠4、5ヶ月頃から貧血が出ていたのですが、体重の管理に失敗し、食べるだけ食べてしまって、体重を増やしすぎてしまいました。

それで、8ヶ月のころにもともとの体重よりも15キロも体重が増えてしまい、検査で異常値がいろいろと出るようになりました。貧血のほか、糖が出たりとか、最後のほうではタンパクも出ていました。

主治医の先生に、「お産が早まってしまうかもしれません。」と言われたのですが、初産だったのであまり実感がなく、気がついたら陣痛が始まってしまっていて、早産してしまいました。

幸い、赤ちゃんが思ったよりも育っていて、2000グラム以上はあったので良かったのですが、保育器に入れられてしばらく入院していました。今はすくすくと育っています。    Rさん 34歳 妊娠31週~

まさかの妊娠高血圧症候群からの帝王切開

まさかの妊娠高血圧症候群からの帝王切開

31週を過ぎた頃から、足のむくみがひどくなり、尿検査でも蛋白が出るようになり妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)と診断されました。

自分だけの食事では塩分を控えていたつもりでも、家族と一緒の食事では塩分を控えていないものを食べてしまっていたのが、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の原因なのかも知れません。結局、臨月までその状態が続き、出産予定日10日前から入院することとなりました。

入院しているときも、血圧が高くなり、望んでいなかった帝王切開での出産となりました。幸い子供は大きく育っていたので、影響はなかったです。でも先生から次回の妊娠の時にも、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)にかかると言われてしまいました。   Yさん 29歳 妊娠31週~

涙を流して喜んだ 主人が胎動を確認できた瞬間

安定期に入ったころに胎動を感じられるようになりました。お腹の中でいつも一緒だったので私は毎日幸せを感じていました。しかし、主人がお腹を触るとお腹の赤ちゃんはピタッと動かなくなってしまいます。

「女の子だから恥ずかしがっているのかもね」なんて言っていたけれど少し寂しそうな表情をしていたので、早く胎動を感じさせてあげたいと思っていました。私が胎動を感じて「今動いているよ、触ってみて」と言うのだけどやはり主人が触るとピタッと動きが止まってしまうの繰り返しで生まれるまでこの感動を一緒に味わえないのかもしれないと少し落ち込みました。

そんな矢先、赤ちゃんが私の気持ちを分かってくれたのか主人が「今日も動いてくれないね」とお腹を触っている時に初めて動いてくれました。主人を初めての感触に感動して涙を流して喜んでいました。その後赤ちゃんに何度もありがとうと言っていました。NNさん 27歳 妊娠31週