【妊娠23週】胎児と母体の症状で知っておきたいこと

妊娠23週の体験談

妊娠23週の体験談

涙が出るほど嬉しかった なかなか感じられない胎動

涙が出るほど嬉しかった なかなか感じられない胎動

初めての妊娠で無事に安定期に入ったものの、なかなか胎動が感じられず不安だったのを覚えています。普通は18週から20週くらいで分かるようになるよ。と先生にも言われていたのでずっと楽しみにしていたのですが、その20週を超えても全く感じ取れず。

初めてだから、どれが胎動なのか分からないだけかな?この腸の動きが胎動?(実際はただの消化運動でした 笑)と日々目を閉じてお腹に意識を集中させ、なんとか胎動のかすかな動きでも感じ取ろうと必死でした。

ようやく、これだ!!と確信が持てたのは23週に入った頃です。涙が出るほど嬉しかったです。

それまでは赤ちゃんが生きているのかどうかも病院で確認しないと分からなかったのが、毎日頑張って生きてるよ!と教えてくれるのですから。それからは出産直前まで激しく動きまわり、無事出産しました。 ANさん 28歳  妊娠23週

日に日に変化していく乳首 赤ちゃんが分かるように立派になれよ!

妊娠すると、乳首が黒く大きくなると聞いていましたが、まさかここまで変化するとは思っていませんでした。なぜ、黒く大きくなるかの理由は知りませんでした。

授乳時に、赤ちゃんがおっぱいの場所をはっきり認識できるようにするための変化だということ妊娠してから知りました。そう考えると人の身体ってすごく神秘的ですよね。その時により変化し対応するんですもん。黒く大きくなることは仕方ないと思って、とくに対策はしていません。

むしろ自棄になって、しっかり赤ちゃんが分かるように立派になれよ!くらいに思いっていました。立派な状態になったと思っていましたが、病院で助産師さんに「赤ちゃんが吸いにくいかも」と言われました。こんなに変化したのに?!と少しショックでした。授乳終了後、少しでも元に戻ってくれたらなと思っています。KRさん 28歳 23週~

甘いもの好きには食生活の改善はつらい

甘いもの好きには食生活の改善はつらい

妊娠23週の妊婦健診のとき体重が1ヶ月で2.5㎏増えてしまい、医者に注意されました。妊娠中はあまり激しい運動するわけにもいかないので、食生活を改善しました。

私は菓子パンが大好きで週に3,4回は必ず食べていたのですが、それ以降は2週間に1回程度に抑えました。また、チョコレートやケーキなどの甘いものも控え、おやつはにぼしやドライフルーツを食べるようにしました。主食のごはんも白米から腹持ちの良い玄米に変えました。

正直食べるのが好きなので辛くてストレスが大変でした。だから、1ヶ月に1回くらいは自分を甘やかしてケーキなどのスイーツを食べたりしていました。努力の甲斐あって、それ以降の妊婦健診では体重管理で指摘されることがなくなりました。 PRさん 27歳  妊娠23週

嘔吐 下痢 胃腸炎 虫歯 トラブルの連続

嘔吐 下痢 胃腸炎 虫歯 トラブルの連続

妊娠6ヶ月から安定期に入るし体調も落ち着くと聞いていましたが、なかなか体調が良くならず不安が続いていました。そんな中23週頃から、嘔吐下痢になってしまったので産婦人科に電話をしました。胃腸炎だろうということでした。

病院ではビオフェルミンだけで他はお薬飲めないということで、水分だけは取るようにと言われました。水分を取っても下痢と嘔吐だったのでまずいと思い、OS-1オーエスワンの水を飲んで様子を見ていたらだいぶ良くなりました。

また6ヶ月の後半だいぶ体調も良くなってきたと思ったら、虫歯が悪化し奥歯の痛みで今度は歯医者へ。病院で診てもらうと、神経まで虫歯が行っているので神経を抜かないと良くならないと言われてしまいました。

妊娠中だったので色々気がかりでしたが、お医者さんが丁寧な方だったので局部麻酔の安全性や治療で使う薬もほとんど胎児に影響ないと言われ安心して治療に望むことが出来ました。

またお医者さんからも痛み我慢するストレスの方が、胎児への影響はあまり良くないので鎮痛剤もうまく使った方が良いと言われました。歯医者さんからも胎児に影響がない鎮痛剤も出してくれたのでとても助かりました。

麻酔も鎮痛剤も使ったけれど、お医者さんの言うとおり問題なく出産できすくすくと育っているので良かったです。 Mさん 26歳 妊娠23週

横になれない二人目出産で切迫早産

横になれない二人目出産で切迫早産

上の子が2歳の時に、下の子を妊娠しました。上の子の時は、吐き悪阻で妊娠初期から横になって過ごしていましたが、二人目の時にはそうはいきません。2歳ということで、まだ幼稚園に預けることができず、また動きたい盛りなので、悪阻の最中も上の子の相手をして過ごしていました。

妊娠5ヶ月に入り、悪阻もおさまり、さあ、快適な妊娠生活を送るぞとおもっていた妊娠23週のこと。朝起きて、びっくり。出血しているではありませんか。それももうびっくりして、すぐに産婦人科を受診しました。結果、「切迫早産」と言われました。

先生から、入院を勧められましたが、上の子のことが気になり、自宅安静にしてもらえるようにお願いしました。それから、実家に戻り、トイレとお風呂以外は寝てすごしました。

上の子は、私が面倒を見ることができないという理由で、保育所へ一時的に入れるようになり、朝・晩は母に見てもらいました。張り止めを処方されたので、毎食後、飲み、ひたすら寝て過ごしました。少しでも動くと、出血してしまうので、ヒマでしたが、横になって過ごしていました。

1ヶ月が過ぎると、出血はしなくなりましたが、早産にならないように動かず、臨月まで迎えました。お医者さまから、いつ産まれても大丈夫と言われてからも、家族から横になっておけと言われ、結局出産当日まで横になって過ごしました。その後、無事に、陣痛が始まり2時間くらいで出産しました。    Pさん 33歳 妊娠23週

いっぱい話しかけたからかお喋りな子になりました

私は妊娠初期、つわりがひどく寝た状態が続いて赤ちゃんに何もしてあげられていないと思っていました。そして、つわりが落ち着き胎動を感じられるようになってから、沢山お腹の赤ちゃんに話しかけました。いつもお腹をなでながら、何かある度に話しかけていたように思います。

朝起きたら「おはよう」と呼びかけ、旦那が仕事に向かうと「パパお仕事いったね。」や私が驚いたことがあると「ビックリしたね。」などずっと声をかけていたように思います。そのせいもあってか、今3歳になった息子はとてもよく喋ります。

他にはキックゲームと呼ばれる、お腹をたたく胎教もよくしました。話しかける際に、お腹を撫でる時もあれば軽くたたくこともしました。それを繰り返すことで、お腹の中からたた返してくれたり、蹴り返してくれたり反応するようになって面白かったです。KZさん 31歳 23週~

胃液が上がって寝られない 夜寝るのが少し怖い

胃液が上がって寝れない 夜寝るのが少し怖い

上の子の時はさほどなかったのですが、下の子の時ほんとに酷くて、寝ていると必ず夜中1、2回起きてトイレ走ったりしていました。真っ直ぐ寝ていると胃液が上がってきてまさに逆流ですよね 逆流性食道炎に。

ほんとに酷くて夜寝るのが少し怖いなぁ、どうせ今日もなるんやろなーとかって毎日眠りに付いていました。そこで周りに話したりしていると枕2つ重ねて体の上半身起こして寝ると楽って聞いて実践してみたら、私の場合ほんとに毎日で悩まされていたのが嘘みたいに1週間に2、3回夜中起きるくらいになりました。

ほんといいこと聞いたなと思いました。ただ歯磨きをしている時だけは、対処方が無くほんとしんどかったです。みなさんも妊婦さんで悩んでいる方試してみてください。MKさん 23歳  妊娠23週~